あの高名な四方田猫彦先生のこと

 これは失礼! 「猫彦」と書いてしまいましたが犬彦先生の間違いでした。わたしはこの方の顔を存じ上げない。いぜん映画評論家の松田政男氏が酔っぱらって「ヨモダの野郎、許せん」と言っていたあのヨモダがこの四方田犬彦氏なら、何十年も前から名前だけは知っていた。
 猫彦先生ならぬ犬彦先生があの岩波の図書に「日本の書物への感謝」という偉そうな連載をなさっていて今月は十四回目、なんと皆さんも教科書(だけ?)で知っている徒然草について書いてある。
 一読、わたしは蒙を啓かれました。これ本当。是非図書館にでも行って図書今月号をお読みになるといい。
 おとついから徒然草を家中探しているのだが見つからない。新潮版と岩波文庫を何冊か持っていたのは間違いないのだが。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-02-16 05:35 | ブログ
<< 篠田正浩監督『乾いた花』を見た タクシー運転手を卒業しようと思う >>