筑前町の森君をいじめた餓鬼の親たちのツラ

 昨年いじめられたのが原因で自殺したとみられる森君のお父さんが北九州市で講演をしたという小さな新聞記事を見て、感心した。今年に入って今度はお母さんがテレビに写りケイスケ君の写真も見ることができた。
 両親と弟たち、死んだケイスケ君の家族は彼の死を乗りこえて生きていけるに違いない。ひるがえってケイスケ君をいじめた子供たちとその親は頬被りをしている。こいつらには自ら名のり出る勇気はないのか。この国には匿名が好きな連中が多いがいじめの餓鬼とその親たちをネットでチクるひま人は筑前町とその周辺にはいないのか。
 マスコミにはやりたくてもできないことがある。ブロガーはその点自由だ。本人たちが「ごめんなさい」出来ないならリンチもどきがネットではやれる。
 わたしは森君をいじめた子供たちの親のツラが見たい。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-02-19 06:19 | ブログ
<< 安部公房の3本のシナリオ 篠田正浩監督『乾いた花』を見た >>