「ほんにおぬしは屁のような」(週刊文春)

 宮澤元総理がやめる前電車の中吊りで見出しの広告を見た。いやしくも一国の総理、しかも選んだのはお前たちじゃないか! それを屁よばわりするとはあんまりじゃないか。
 当時文春の編集部全員、いや文藝春秋社そのものの見識をわたしは疑った。
 「黒い幹事長」(週刊新潮)に文春はそろそろ一発かましてはどうか。どっちにしてもみなさんマスコミを信じてはいけませんよ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-02-19 19:06 | ブログ
<< 『ダイヤルMを廻せ!』と『暗く... 勅使河原宏監督『おとし穴』は懐かしい >>