高木彬光『神津恭介シリーズ 古代天皇の秘密』を読んだ

 英国史上悪名高いリチャード三世の真実の姿をベッドに寝たまま推理するジョセフィン・テイ『時の娘』に触発され『成吉思汗の秘密』『邪馬台国の秘密』が書かれたらしいが、わたしはまずベッド・ディテクティブ・シリーズ第3作『古代天皇の秘密』から読んでみようと思った。『時の娘』も図書館から借りているのだがいますぐ読む気になれないので一度返却する。
 つぎは気が向けば成吉思汗より邪馬台国を先に読んでみたい。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-04-08 15:02 | ブログ
<< 今井正監督『夜の鼓』を見た 「酒と薔薇の日々」ならぬ映画と... >>