「よそぅ、また夢になる」

 たまたまテレビのスィッチをいれたら「三遊亭円楽・引退の決断」というのをやっていた。昨年、円楽師匠は脳梗塞を患った(わたしは心筋梗塞)。「芝浜」の最後がとてもいい。酒を断っていた亭主が女房のすすめでしばらくぶりに酒を飲もうとするが「よそぅ、また夢になる」と言っておわる。わたしは禁煙5ヶ月目。煙草を吸う夢を見る。ピースだったり新生だったり。ほんとうに自販機でたばこを買って吸おうとして「よそう、また夢になる」と言えるかどうか。わたしは絶対にそんなことは言えない。自販機に近づかないのが一番。
 Googleの航空写真で桶狭間を見ようとしたがうまくいかない。やはり現地にさきに行ってその後空から見てみるというのが順序なのだろうがわたしには旅行する金もないし時間もない。どうでもいいことだがわたしは映画監督を引退などしない。わたしの映画をわたしの流儀で撮らずに死ねるか! 強がりつつ今晩はもう寝る。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-04-30 20:13 | ブログ
<< 団塊世代活動支援センターのK.... 山本薩夫監督『傷だらけの山河』... >>