不知火型の土俵入りが見てみたい

 さくばんのニュースで白鵬の全勝優勝を知った。第69代の横綱になるという。わたしは朝青龍が嫌いなので同じモンゴル出身の白鵬の横綱昇進を喜ぶ。父親の名前がムンフバトというのがいい。ブッフバルトに似ているが、ムンフバルトではなくムンフ鳩(変換まちがいではない)=ムンフバトというのが強そうでいい。強そうなんて言うもんじゃないようだ。じっさい父親はモンゴルでは強くて有名だったらしい。
 さて土俵入りに雲竜型と不知火型があることはわたしは小学校のときひとつ年上の従兄弟から教えて貰って知っていた。さっき白鵬は不知火型だと産経新聞を見て知った。小学校1年生で不知火型の知識はあっても以来1度もこの型の土俵入りをわたしは見たことがないのだ。今回新横綱・白鵬の土俵入りを見るのが楽しみだ。
 さいごに前にも書いたがモンゴルからの移民を受入れるのがわたしはいいと思う。日本は単一民族だと信じ込んでいる馬鹿者が多いが、本当は違う。大和民族などというものは純血であるわけがないのだからこれからのことを考えるなら積極的に外国からの移民を受け入れるのが現実的なのではないだろうか。けっして突飛な意見とは思わない。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-05-28 06:00 | ブログ
<< 『殯の森』がグランプリ 瀬戸内寂聴が「文豪谷崎の妻譲渡... >>