篠田正浩監督『処刑の島』を初めて見た

 調べてみると1966年の制作。翌年の『あかね雲』も見そこなっている。翌々年には篠田監督の最高傑作『心中天網島』がある。1966年といえば昭和41年、わたしが高校を卒業した年。1浪目で映画を見るのをだいぶ控えていたせいで見そこなったに違いない。見ていたら篠田監督のわたしのベストスリー(『暗殺』『乾いた花』『心中天網島』)はもしかしたら変っていたかも知れない。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-06-15 15:27 | 映画
<< 木下順二『子午線の祀り』を読んだ きょうは親不知を抜く >>