猫の調子が悪いと何も手につかない

 ここのところわが家の猫は下痢がつづき(昨夜遅く血便をした)今朝は水しか飲まないでクタッとしていた。高齢でもあるしこれが最期かもしれないと妻と2人で犬猫病院に連れて行ってきた。きょうあした死ぬようなことはどうやらない様子。点滴をしてもらってただいま帰宅。
 原因は妻の甘やかしすぎ。食い意地のはった猫なので何でもほしがる。鶏でも牛でも豚でも肉類はすべて大好物。なんでもかんでも喰わせるので下痢がとまらないようなのだ。今日の午前中の予定はパーになったが明日もまたつれて行く。はたで見るとたかが猫ぐらいでと思われるのは分っている(以前はわたしもそうだった。こんな人をみると「この人、少し頭が足りないんじゃなかろうか」といぶかしんでいたものだ)。実際飼ってみると成人してしまった我が息子2人とくらべても猫の方が可愛くなってしまっている。こんなこと恥ずかしくって人には言えない。だがブログなら書きやすい。ブログってなにか変ですね。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-06-29 10:53 | ブログ
<< 山本薩夫監督『不毛地帯』を見た 『滝口康彦傑作選 壱 異聞浪人... >>