猫と同病相憐れんでいる

 ここのところ体調が悪く目覚めても起きあがれない。右の写真の猫も獣医先生から点滴などして貰ってわたしと同じ6畳の部屋に終日ひきこもっている。目と目が合うとため息をつきあうことまではないが猫と人が憐れみあうなどとは聞いたこともない。これから先どうなるのだろう。不安が増すばかり。
 ガラス戸の外では餌づけした野良猫が2匹の仔猫を生んだ。黒と白のブチと真っ黒。結構これが可愛かったりなどしてわたしの神経はどうなっているのか。我が身を疑う。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-07-06 07:30 | ブログ
<< 舛田利雄監督『紅の流れ星』を見た 池波正太郎『上泉伊勢守』をやっと読了 >>