おとつい我が家の猫が死んだ

 猫が死んでも「喪に服す」と言うかどうか知らないが我が家の猫=ヒデユキ(横山英之)の喪に服している。けさ市の火葬場まで妻がひとりで荼毘に付しに行ってきた。
 頭の骨がよく残っていて見ていると生前のヒデがしのばれる。「ピーちゃん! 」と呼ぶと猫声で「ファーイ! 」と返事をする賢い牡猫だった。右の写真をすぐにも片付けたいのだが二男がバイトで忙しくてまだ果たせないでいる。猫も犬もとうぶん家では飼わないことにした。
 みなさんにはどうでもいいことでしょうが我が家は全員悲嘆に暮れております。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-08-02 13:56 | ブログ
<< 猫の死にめげず『霧の旗』を満喫 斎藤武市監督『ギターを持った渡... >>