ロンドンのタクシー運転手は年収600万円

 あのNHKの報道なのでどこまで信じていいか分からないがテレビでロンドンのタクシーは恵まれた環境にあることを知った。英国に比べわが日本のタクシー運転手は生活保護なみの収入がやっとというのがほとんど(わたしもそのひとり)。これではやっていられない。
 運転手の組合に多少関わったので分かるのだが運転手の意識が向上すればイギリスとまではいかなくとも生活保護なみの収入はすぐにでも越えることは可能なのだと思うがセイフティーネットのなりそこないの社会の掃きだめの地位に安住している運ちゃんがほとんどなのでこれは言うだけ無駄。
 昨晩タクシーを洗車していたら年配の運転手に「どうだい3万はやったかい? 」と聞かれたのでわたしは反射的に「とんでもないわたしは皆さんと違って生活も命もかけずにほんのお遊びでこの仕事をやっていますので3万円なんかとてもとても」と応えたらこの年寄りには意味が通じなかったらしく「……さてもうすこしやるか」と自分の車に乗り込んだ。わたしってひねくれた悪い子ですねぇ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-01-13 10:18 | ブログ
<< 小田島雄志『シェイクスピアに学... もういくつ寝ると >>