心療内科の先生に言われたこと

 過日2度目の診察を受けた。新しい月のはじめ、バードタクシー(仮名)は21日からが翌月のスタート、4月で言えば3月21日が初日になり4月20日で締める。そして4月25日が給料日とこうなるのだが経済的なことを考えて3月の21日からタクシーに乗務したいと先生に言ってみた。
 先生の答えは「とんでもない」とあきれた顔。「まだ1度しか診ていないのに早すぎますよ」ととめられた。わたしが「生活のこともあるし……」と困ると先生は、ま、それもあるだろうがという顔をしながら聞こえないふりで「かえって遠回りになると思いますよ」。仕事を無理に始めてもまたすぐに休むことになるのは目に見えているらしい。わたしのうつ病はやっぱりどうやら本物のようだ。
 で、焦らないことにした。なにがどうなってもいい。なるようになるだろう。会おうとして会えなかった人に連絡してみた。電話をかけてみるともう腰が引けている。「なら、もういいや」こっちから会ってくれと頼んだわけでもないし。こうもしよう、ああもしよう、と考えて出来なかった個人の作業に集中することにした。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-03-14 04:46 | ブログ
<< 瑞穂春海監督『殺陣師段平』を見た 長谷川伸全集第5巻を読了 >>