「週刊新潮はきょう発売です」

 新聞の広告を見て週刊誌を買うなどということは絶えて久しい。おおかたの皆さんも電車の中吊りを見るくらいで済ませているのではないだろうか。
 読みたいところだけコンビニなどで立ち読みしているさもしい人間が昨今ふえたが、わたしは「週刊新潮」の「 5月29日号」であることを確認してすぐレジにむかった。帰宅途中すばやく目を通す。もったいぶらずに新聞広告を引用しよう。
「嵯峨美智子」「江波杏子」「団令子」
「渥美マリ」「太地喜和子」
「伝説の脚本家」が明かした
過激な「女優遍歴」

 と紙面のいちばん左下にある。誰だろう? わたしにはすぐにそのシナリオライターの見当がついた。そして多分仕事をごいっしょしたことのある高名な脚本家がコメントなさっているに違いない。結果はどうか。ピンポーン、でした。5名の女優さん方で現役でいらっしゃるのはたぶん江波さんだけ(拙作『純』にご出演いただいた)。あとの方は亡くなるか引退なさったか。実名が出たからといって大騒ぎするようなことでもあるまい。団塊の世代以上の年齢の人には穏やかではないだろうが。
 気になる方は是非購入なさってください。わたしはパラパラとページを見たらもうそれで安心しました。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-05-22 05:21 | ブログ
<< 谷口克広著『信長と消えた家臣た... 大島渚監督『青春残酷物語』を見た >>