関西のMさんから嬉しいメールを頂戴した

 うつ病の薬のせいか、まだ病が治っていないせいか分からないが午前2時とか3時に目が覚めてそれきり起きてしまうことがこのところ日課のようになっている。
 「丑の時参り」あるいは「丑の刻参り」ともいうらしいが(読む人によってはあとに書くことと関連づけるのが難しいと思います)わたしはおもむろにノートパソコンでメールをチェックする。誰から来るあてもないのに風俗や金貸し、あるいは意味不明の「迷惑メール」にエアパッキンをひとつずつ指先でプチンとつぶすようにチェックを入れ「迷惑メール報告」をクリックする。十数通あるいは数十通の魑魅魍魎メールを一気に削除するこの快感。「逆ギレ」ならぬわたしの「逆丑の刻参り」(ちょっと苦しい)なのである。
 ときたまだが「見出し」を見ただけではっきりとこれは「迷惑メール」とは違うと分かるメールをいただくことがある。
 今朝もMさんという男性からメールを頂戴してとても嬉しかったので返事のようなものを出させて貰った。女性からのメールには必ず返信メールを送るのだが男性に気持ちよく返信させていただくのはわたしとしてはめずらしい。
 先週は秋葉原の通り魔にはじまり岩手・宮城内陸地震におわった(救出作業はいまもまだつづいているが)。亡くなった方々のご冥福をお祈りする。どんどんと坂道を転がり落ちていく気分に覆われがちだが、見ず知らずの方から「ブログ読んでるよ」という何気ないひと言がこのようにも励ましになるものか。
 人間社会もまだまだ捨てたものではないな。「ブログ」もいまだによく分からない存在だが惰性などではなくもっともっと続けられそうだという気分にさせていただいたので報告する次第であります。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-06-15 04:37 | ブログ
<< 山本博文『日本史の一級史料』(... 台湾製の安いパソコンを買って忙しい >>