タクシー乗務残すはあと1日

 ブログを開いてみるのは先月20日以来。糠味噌ならとっくにカビが生えているだろう。このブログはどうなっているか。あとでアクセス数を見てみるが物好きな方々のおかげでたぶんゼロの日はないだろう。
 で、明日タクシーに乗れば7月は〆になる。いつ「あさ目が覚めても起きあがれない」症状がでるのかずっと恐かったがなんとかひと月持ちこたえることが出来た。きょうはその報告と抗うつ剤と精神安定剤をもらいに心療内科の先生を訪うつもり。
 ここのところ歎異抄の朗読をタクシーの客待ちのときに聞いている。図書館から借りた本からわざわざパソコンに書き写したものを見ながら朗読を聞く。高校の時の古文の授業を自前でやってきた。これがわたしの内面の支えになっているような気がしている。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-07-18 07:09 | ブログ
<< iPod nanoを楽しんでいる イングマール・ベルイマン監督『... >>