ハイフェッツを聴きながら

 昼寝からさめ手元にある宮本常一著『絵巻物に見る 日本庶民生活誌』(中公新書、605)と鈴木良一著『応仁の乱』(岩波新書、873)をぱらぱらとめくる。気になる本が図書館にあるかどうか確認したくて4万いくらかで購入したノートパソコンのスイッチをいれる。『色の和名抄』なる本を予約する。
 「趣味人倶楽部」を見てみると自作の映画を見せたいというありがたいメールをいただいたのでさっそく返事を出す。
 あッ、そうそういま聴いているのはヤッシャ・ハイフェッツ『ヴァイオリン小品集 1946 ~1970』というCD。何ヶ月か前NHKFMでハイフェッツの名をはじめて聞いて図書館に予約していたものをやっときょう借りることができたのだ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-11-12 17:44 | ブログ
<< 「趣味人倶楽部」の会員の方から... 「趣味人倶楽部」のこと >>