人形芝居を見に行くはずだったのに

 わたしはちゃんとした人形芝居というものを見たことがない。3日まえの毎日新聞夕刊で結城座が「平成のぞきからくり破れ傘長庵」を上演すると知ってさっそく電話で予約。映画では『破れ傘長庵』は『不知火検校』とならんで座頭市シリーズにつながる勝新太郎の代表作。映画の原作は確か宇野信夫になっていたと記憶(わたしの記憶はあてにならない)しているが人形芝居は河竹黙阿弥の「勧善懲悪覗機関(のぞきからくり、ルビ)(村井長庵)」が下敷きになっているもよう。
 楽しみにしていたのに昼寝から覚めてもどうしても起きあがれない。12月1日のマロリー・ワイス症候群で吐血・下血した体がどうやら完治していないようだ。とても三軒茶屋まで行く元気がでない。泣く泣くキャンセルの電話をいれた。かわりに図書館に黙阿弥の歌舞伎上演台本を予約。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-12-11 17:45 | ブログ
<< 明野照葉『かっぱタクシー』を読んだ 黒澤明監督のこと >>