ウェブログの定義を勉強した

 松永英明著『ウエブログ超入門』という本を購入してこのブログを始めたことはまえに書いた。松永氏のウエブサイト。「はじめてのウェブログ」
 わたしはなまけものなので気が向いたとき開いたページを読む。きょうは「Part5 2.初めて「ウェブログ」を定義したのは? 」(146ページ)というのがあらわれた。
 カメロン・パレットという人の文章が翻訳して引用してある。わたしに都合のいいところを孫引きさせてもらう。
 …小さなウエブサイトで、たいていは1人で更新し、常連さんがいる(わたしのブログにはまだ「常連さん」はたぶんいない)…
 そして、ウエブログというのは、一つの主題とか、隠れたテーマ、まとまったコンセプトに関して集中的に書かれているものである。(このウエブもだいたい近い)
  ……
 定期的に(毎日)更新されている。(ほぼ近い)
 すてきで、さっぱりした使いやすいデザインとインターフェースを有している。
 (まったく外れている)
 初心者向けにやさしく書いたりしないので、エンドユーザーにあまり親切じゃない。(わたしは知らず知らず、初心者に分かりやすく書こうとしすぎているのだろうか)
 テーマがある。(このブログにもあると言えばある)
 ユーザーがお互いに対話する方法がある。(これが、ない)…
 わたしはもっともっとこの本を読んで勉強しようと思う。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-07-31 16:52 | ブログ
<< 『ラスト サムライ』を見て眠れ... 「ネット映画講座」でわたしのや... >>