どうでもいいが文筆業イタクラヨシコとは何者か

 きのう(1月10日土曜日)の産経新聞21面。「断」というコラム。見出しは「スタバ〝失速〟の原因」。これを書いたのが「イタクラヨシコ」とかいうふざけたカタカナ名前の、たぶん女(だろう)。
 わたしの二男がスターバックスでアルバイトをしているので腹が立つのだが、「泡だらけのシアトル式」か何か知らないが、どうせ新聞あたりでただで仕入れた「スタバ失速」の情報に小賢しい女(男かも知れない。半陰陽かも知れないが)イタクラヨシコが主観だけの思い入れを加味した駄文を書いている。こんなことで原稿料を貰えるなんて「文筆業」はいいよなあ。こんな文章を新聞に載せないと食っていけないならタクシー運転手に甘んじている方がよっぽど潔い生き方だと確信をもったのですが、お暇な方でもこやつの書くものを読むのはたぶん時間の無駄ではないかとお知らせいたしておきます。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-01-11 07:34 | ブログ
<< 蜂飼耳という詩人のこと 人権を尊重し過ぎるマスコミ >>