村上春樹みたいな奴は嫌いだ

 いつものわたしの独断と偏見を書く。読んで不愉快に感じる人はどうぞ今後2度と弊ブログを覗かないようにしていただきたい。
 わたしは村上春樹なる人物の書いたものをこれまで1行も読んだことがない。まずきょう(2月16日)の毎日新聞夕刊1面に載った記事の見出しをそっくり引用する。
村上春樹さんガザ攻撃批判/イスラエル文学賞(横書き、線で囲んである)/受賞演説で(これも横書き)/「死者の多くは子供やお年寄りだった」
 わたしはこの記事を見て村上春樹って嫌な奴だなあ、と感じている。偏見であろうとなかろうとこれからもこいつの書いたものを読むことはないだろう。毎日新聞の記事の最後の部分を引用する。
……しかし、演説を聴いたイスラエル人男性からは「エルサレムまで来て賞を受けながらイスラエル批判をするのは納得がいかない」との不満の声も漏れた。
 だってさ。わたしはまったくこのイスラエル男性にもろ手をあげて賛成する。かって大岡昇平という作家がいた。『レイテ戦記』などで有名な方だ。その大岡昇平は文化勲章を辞退した。わたしは村上春樹も大岡昇平のように授賞の打診があったときガザ攻撃などをやる国の文学賞など貰えるわけがないと声高に辞退宣言をしていたならなにかこいつの書いたものでも読んでみようという気になっただろうに。
 もともとわたしはこの男のツラが気にくわないから死ぬのはこのバカが先かわたしが先か知らないが冥界で会うことでもあれば一発なぐってやろう。返り討ちにあってボコボコにされかねないがそれを恐れずきっとそうするだろう。村上の恥さらしめが!
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-02-16 18:36 | ブログ
<< 島津義秀『薩摩の秘剣 野太刀自... 「他人の不幸は蜜の味」 >>