小沢一郎を見損なって3年

 小沢は顔が悪い。暗がりで出くわすとわたしは間違いなく卒倒するだろう。しかし醜男でも剛腕とか言われたことがあるので決めつけはよくないとつとめてこの男の発言に耳を貸してきた。官僚主導の政治を改めないといけないという主張はいまでもわたしは賛成だが秘書が逮捕されたあとの釈明は説得力はゼロ。
 そもそも安倍が総理になったときに一騎打ちしないというかしっぽ巻いて逃げた印象をわたしは強く持ったがあのときから、あ、この男はダメだ。顔がまずいから仕方がない。かわいそうな奴だなぁと見限った。
 麻生も顔は悪い。氏より素性とか言うが血筋のわりには粗野なのでずいぶん損をしているが小沢に比べるとおのれの醜さにまだ負けていないところをわたしは頼もしく思っている。中曽根元首相もテレビで評価していたのでもう少し暖かく見守っていよう。同郷のよしみもある。それにしても小沢は顔だけではなく頭もそうとう悪いと思いませんか、皆さん。あいつ本当に慶応大学を卒業したのだろうか。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-03-06 21:12 | ブログ
<< 浜矩子『グローバル恐慌』(岩波... 「葬儀の世界にも異変」らしい >>