『鬼の研究』が届いたのはいいが

 練馬区南大泉の古本屋は本の中をちゃんと見ていないのか、知っててわざとなのか赤ボールペンで線がひいてある汚れたものを送ってよこした。騙された。しかも定価680円なのに800円で売りつけやがる(無論送料は別に210円かかる)。この本屋の実名をあかしたいが今回だけは我慢する。
 正義感が強すぎるというのか曲がったことが嫌いな性分のわたしはこんなつまらないことで神経を消耗させるのだ。自分が嫌になります。今晩も早く寝よう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-03-11 21:04 | ブログ
<< 『週刊新潮』は往生際が悪い 馬場あき子『鬼の研究』を図書館... >>