東京都の青少年の健全な育成に関する条例

 石原都知事のテレビでの発言をわたしが聞き間違えてこのブログでいい加減なことを言ったとしたら万死に値するので、さきほど都庁に確認してみました。
 東京都庁の報道課からわざわざ改めて電話をいただいてツバとおしっこの条例はことし6月1日にほんとうに発令されていると教えていただき、わたしはあらためてショックを受けている。
 条例の「15条の3」青少年が1度着用した下着または青少年のだ液もしくはふん尿を売却するように勧誘してはならない。
 というものらしい。
 わたしはショックを受けてたたずんでばかりはいられないと強く思う。日本という国は柱が倒れ根太(ねだ)まで腐れかかっている。「売却するように勧誘してはならない」とわざわざ条例になるのだから買う人がいるということだろう。いったいどんな人が買うのでしょうか? そりゃ、男に決まっているでしょうが。
 わたしにできることはどんなことだろう?
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-08-16 14:27 | ブログ
<< わたしが考える「映画監督」の行く先 ツバとおしっこの条例について >>