気持ちのいい朝をむかえている

 寅彦(飼い猫、写真の左側)に毎朝起される。きょうは自分で目覚めた。そばにいた寅彦はさっと部屋を移動する。わたしは知らぬ顔で味噌汁のだしをとるために昨晩から妻が煮干しをいれて用意した鍋のコンロに点火。米を2合とぐ。バナナを1本食べてそれから猫のエサ。寅彦はきょうはいつものポロポロが気にいらないらしく表に出せと言う(ほんとに猫語で言う)。さっとさくら(右側の顔がひきつった方)も寄ってくる。子犬用の丈夫な長いワイヤーの一方に寅彦、片方にさくらの首輪をセットしてはだかの炬燵の脚にくぐらせて猫のひたいくらいの庭に出す。
 パソコンのスイッチをいれて玄関に新聞をとりにいく。6月から讀賣にかわって毎日新聞をくばってもらっている。配達の韓国の留学生ブン君がスポーツニッポンを毎日かかさずサービスしてくれる。
 いつもどおりのわたしの朝なのに今朝はなぜか気分がいい。つまらないことを書く気になり拙ブログに載せることにした次第なのであります。
 トラ(寅彦のこと)がガラス戸ごしにじっとわたしを見つめている。もう戻りたくなったのだろうか。猫2匹の様子を見ないといけないのできょうはこのへんで。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-08-18 06:00 | ブログ
<< 宮本武蔵『五輪書』 上山春平という人を知っていますか >>