「のりピー」から「らりピー」へ

 酒井法子のバッシング報道が多すぎる。わたしが面白いと思ったのはどの週刊誌のものだったか覚えていないが新聞広告で見た見出しに書いた1つだけ。
 わたしの二男が小学生の頃しきりに「のりピー」と言っていたのでこの同郷のタレントの名を知ったのだが正直言えば「あ、この娘、頭が悪そう」と当時から思っていた。頭が悪いことは罪悪ではない。むしろ少し頭が悪いくらいの女の方がわたしは好きだ。
 酒井法子が法の裁きを受けたのち彼女を女優として使ったら低能であるがゆえにいい味が出せる俳優になるだろうとわたしは確信している。果たして何年後かに彼女は芸能界に復帰できるだろうか。消え去って欲しくない。
 がんばれ「らりピー」!
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-08-29 07:11 | ブログ
<< マックで記事を書いてみる 宮本武蔵『五輪書』 >>