メルロ=ポンティ『知覚の現象学』が届いた

 ネットで注文していた『知覚の現象学 1』が昼寝から覚めたら届いていた。書店に郵便局から料金1800円と送料を振り込む。やっと自分のものになったので寝っ転がって読み始める。とても歯が立たないのではと危惧していたが、わたしにもなんとか理解できそう。嬉しくなる。
 ほかに図書館から借りたデフォーの『ロクサーナ』もあるし『ペスト』も読みたい。どの本を読み進めるか自分でも分からない。3冊ともほうり投げて別の本を引っぱりだすかもしれない。気ままな読書。これが一番。まさに読書の秋でございますね。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-09-25 17:58 | ブログ
<< 九州の母から留守中電話があった 酒井法子で映画を撮るなら >>