白土三平 決定版 カムイ伝全集【第1部】1〜3巻を読む

 松本清張『幕末の動乱』と並行してカムイ伝を読む。両者の視点は驚くほど近い。とっても似ている。甘やかされて育ったわたしには、逆立ちしても「知覚」できない。それを補うようにメルロ=ポンティ『知覚の現象学』1をむさぼってみたが、ないものねだりでしかないようだ。弱者からの見方はまねて身につくものではない。それでも頭のてっぺんをかすめるだけでもいいからカムイ伝もメルロ=ポンティの著作もこつこつ読み進めていこうと思う。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-10-13 20:03 | ブログ
<< 宮崎孝一訳のデフォー『ロクサー... 松本清張『幕末の動乱』を読んだ... >>