立花隆氏の猫ビルを見に行った

 きのう(12月21日)早朝、と言っても車の時計を見ると5時50分だったが、かねてから見てみたいと思っていた猫ビルを見に行った。わたしの家から30キロもない。探すのが難しいかと心配していたが道路が狭いと言うだけで一発で行き着けた。想像していた通りの大きさ(容積、と言えばいいのだろうか)。こんな家がほしい。無理とは分かっていながらほしいものはほしい。猫ビルに車庫はついていないようだがわたしの夢の建物には車を停めるスペースはぜったい欠かせない。出し入れのしやすい車庫と書斎を直結させる。車は日産のGT-R。道の混んでいない時を見計らってひとりでロケハンをする。家にもどったらベッドで本を読む。眠くなったら寝る。目が覚めたら机にむかって6Bか10Bの濃い鉛筆をなめなめシナリオを書く。
 別に猫ビルみたいな家をもっていなくてもシナリオはいつでもどこでも書ける。が、わたしは死ぬまで猫ビルにあこがれつづけるだろう。こんどは車ではなく地下鉄で行って猫ビル周辺を散歩しよう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-22 05:17 | ブログ
<< 深作欣二監督のこと わたしに欠けているもの >>