140字のツイッターとブログの使い分け

 数日前ツイッターをはじめた。書き込み欄の右上に「140」という数字があるのにおとつい気づいた。これがなかなかいい。書いていくにつれ139、138と減少していく。どうでもいいことでもまとまりをつけないとならないカセになってとてもいい。
 「フォローされ」なくてはじめは不安だったが「朝敵小沢」などと書き込む岐阜県の某氏などから弊ツイッターを読んでいただいたりしたようでブログとはまた違った味わいがある。
 140字以内で言えることはツイッターで、だらだら書き綴るのはブログで。ブログはうっかりすると「炎上」させられる危険があるがツイッターは「匿名」のエタどもに邪魔されないで済む。気分よく愚痴れる。ぼやける。「朝敵」などの過激な発言もできる。いいことずくめのようですよ、みなさん。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-31 07:16 | ブログ
<< 来島恒樹のこと ツシマヤマネコが捕獲された >>