水上勉『霧と影』をやっと読み終えた

 水上勉選集第4巻の月報に菊村到が「カキ鍋の味」という一文を載せている。何カ所から引用する。
私が初めて水上勉さんに会ったのは昭和三十三年の一月である。
前年の夏、私は芥川賞を貰い、十月にそれまで九年半勤めていた読売新聞を辞
(や、ルビ)めた。つまり文筆生活に入って最初に迎えた正月ということになる。
 菊村は川上宗薫とは「もう長いつきあい」らしく水上に菊村を紹介したのは川上なのだそうだ。初めて会ったときには「小説から離れたと言いながら」「暫くして水上さんは猛然と「霧と影」を書きはじめたのである」というのがあったのでこの『霧と影』をわたしは読んでみる気になった。だが、失望した。水上の初期の作品なだけにぎくしゃくしていて読みづらかった。水上勉と言えば、まねのできない名文家との思いがあっただけにがっかりしたのだ。
 「カキ鍋の味」の文末を引用させて貰おう。
……川上宗薫から、「河出書房の坂本一亀(あの坂本龍一氏の父君。横山の注釈)さんが読ませてほしいと言っているから、郵送してくれ」
 という電話を貰い、すぐ坂本さんあてに送った
……こうして名伯楽である坂本さんの手で「霧と影」が世に出たのである。
 残念なことに、のちに水上さんと川上宗薫とはある事情で仲違
(なかたが)いをしてしまった。一緒にカキ鍋を囲んだ思い出が深く刻みこまれているだけに、私にはひどく心残りだが、人生というのはもともとそういったものなのかもしれない。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-01-15 10:48 | ブログ
<< 古代史の本を繙くとホッとする 直木賞受賞の佐々木譲さんのこと >>