「石田流三間飛車」

 きのう(1月16日)のスポーツニッポン22面霞田顕「インサイト永田町」で『小沢幹事長続投をほくそ笑む自民』という記事を懸命に読んでいた。ふとその横を見ると見出しに書いた「石田流三間飛車」という言葉が目にはいった。その下の解説文を全部引用させていただこう。
江戸時代の盲目の棋士、石田検校が考案した戦法。升田幸三実力制第4代名人が工夫して、さらに本格的な戦法に発展した。一時衰退したが、久保らが研究し、最近復活の兆し
 ちなみにわたしは全く将棋のことは分からない。同紙の同じ面には「久保棋王〝激流〟開戦 羽生王将」と大きく書かれている。なんとなくおもしろそう。「石田流三間飛車」のことが理解できるように将棋を勉強しようかな。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-01-17 06:13 | ブログ
<< 民主党は腰抜けぞろいか? 古代史の本を繙くとホッとする >>