わたしは小沢一郎をなぜ醜男とよぶか

 小沢は顔立ちが悪い。加えて加齢につれて顔にシミとか(イボと違って)皮膚が隆起したりしている(小沢の場合、本人の左。見た目ではツラの右側の頬と瞼にはっきりと隆起しているのが分かるはず)。だがまったくケアしていない。その気もないのだろう。わたしは気になるので皮膚科に行った。美しい女医先生のところへわざわざ行った。「どうしましたか?」と看護師に聞かれたので「小沢一郎みたいになりたくないのです」と言ったらすぐに分かった。別室で女医先生に報告したのだろう。大きな笑い声が聞こえてきた。
 治療は塩素ガス(? )か何か凍ったもので患部を焼かれて皮膚はいま平たく戻っている。もちろん保険もきいた(美容整形とは違うのだ)。たったこれだけのことなのに人前で話す機会の多いこの男はズボラを決め込んでいる。心がけが悪い。顔は悪いが性格も最悪。心が醜いのだ。いいところがない。わたしが醜男と呼ぶ所以です。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-01-18 11:13 | ブログ
<< 「松本清張の時代短篇は光ってい... 元阪神タイガースの小林投手の死... >>