ちょっといい言葉

「僕ですか? これはまことに自惚れるようですが びんぼうなのであります」
 きょうの毎日新聞3面下段の小学館の広告中央「永遠の詩」にある。③山之内貘 わたしはこの人の名前を知らない。はじめて見る。左脇に大不況の時代だからこそ読んでおきたい、底抜けに貧乏だが誇りたかく生きた稀有の詩人。 とある。
 「自惚れるようですが びんぼうなのであります」というのがいいではありませんか。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-01-28 06:08 | ブログ
<< ものすごくどうでもいいこと 大山誠一『天孫降臨の夢 藤原不... >>