J R高円寺駅 転落女性救助の24歳男性

 うっとうしい事件ばかり起きて新聞を読むのもいやになるがきょうの毎日新聞30面。見出しの記事。
 都内の社会福祉法人職員、佐藤弘樹さん(24)の談話が載っている。「……考えてやったことではない。でも、目の前で起きてしまったから」。
 バンクーバーのお祭り騒ぎ、サッカーの監督馘首騒動などと比べるとはるかに地味な報道だが心が洗われる気がする。以前同様のことがあった(ホームから落ちた人を助けようとして)がたしか韓国の若い人が亡くなった。あのときは痛ましくてニュースを見るのがつらかった。今回は助けられた方も助けた方も両方無事。こんないいことはない。はしゃいで浮かれるだけの若者ばかりではないことがわかってほっとした。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-02-17 06:52 | ブログ
<< 中途半端な優しさ サッカーのこと >>