カテゴリ:好きな言葉( 2 )

ポオル・ヱ゛ルレエヌ『落葉(らくえふ)』(上田敏譯)

 秋の日の
 ヰ゛オロンの
 ためいきの
 身にしみて
 ひたぶるに
 うら悲し。

 鐘のおとに
 胸ふたぎ
 色かへて
 涙ぐむ
 過ぎし日の
 おもひでや。

 げにわれは
 うらぶれて
 こゝかしこ
 さだめなく
 とび散らふ
 落葉(おちば)かな。

 仏蘭西の詩はユウゴオに繪畫の色を帯び、ルコント・ドゥ・リイル
 に彫塑の形を具へ、ヱ゛ルレエヌに至りて音樂の聲を傅へ、而して又
 更に陰影の匂なつかしきを捉へむとす。    訳者(上田敏のこと)
                ――岩波文庫『上田敏全訳詩集』より
 
 横書きではなく縦書きで読みたいと思いませんか?
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-12-09 02:08 | 好きな言葉

寺山修司

マッチ擦る
つかのま
海に霧ふかし
身捨つるほどの
祖国はありや
 ――寺山修司
日本経済新聞 1面 コラム「春秋」より
20031108土
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2004-07-14 08:55 | 好きな言葉