<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

映画『トロイ』をDVDで見た

 「ホメロスの『オデュセイア』(「オデュセウスの歌」という意味らしい)を映画にしたいです」と昨年わたしを東映にいれてくださった伊藤俊也監督に話したことがある。「映画にするならフルCGでなければいけない」という思いが強くあった。伊藤監督は「近いうちに『トロイ』が封切られる」と教えてくれたがわたしは生きた人間を使って撮ったのではうまく行かないだろうと思った。
 『トロイ』を見終わって「あ、やっぱり」とがっかりしている。「トロイの木馬」が登場するまでは画面をくいいるように見たのだが木馬が出てきたら「あ、こりゃマンガになるぜ」と興ざめした。ここまで『イリアス』を忠実に映像化してきたにもかかわらず(そのゆえにと言うべきか)結末は原作にない「現代的な解釈」(! )で映画を締めくくっている。
 文楽で『菅原伝授手習鑑』を見たことがある。お家再興のために若君のかわりに自分の子どもを殺す有名な場面を見て演じるのが人間ではなく人形だからこのドラマは成立していると確信した。キリストは誰が演じても嘘っぽくなる。まともな映画ではキリストは背中からや脚の部分でしか写さない。映像は文字で表現するのと違って押しつけがましい。文字で海といえば読んだ人は気ままに海を想像できるが映像では受け手の思いうかべる海が映し出されることはまずない。
 2800年前ホメロスは『イリアス』や『オデュセイア』を人々に語って聞かせた。絵にして見せたわけでは決してない。視覚化するなら人形でやるわが文楽はハリウッド映画の大作に比べて映像表現力では遥かにまさっている。『オデュセイア』を映画にするならアニメかフルCGでやるしかない。パラス・アテネという女神をまず造型したいのだがCGはおろかまともに絵も描けないわたしには所詮無理な話。『トロイ』のDVDでも買ってきてなんべんも絵を止めたり戻したりしながらこの映画を他山の石にしてシナリオの勉強をし直すしかないのだ。
 毎度のことながら訳の分からないことを書いてしまってごめんなさい。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-02-26 23:32 | ブログ

宮脇俊三『室町戦国史紀行』(講談社文庫)を購入

 宮脇氏は2003年に亡くなった。その年の暮れ『~戦国史紀行』が文庫化されてすぐにスーパーマーケットの中の本屋で買った。氏の『古代史紀行』『平安鎌倉史紀行』の2冊は単行本で所有している。
 さいたま市の借家で『~戦国史紀行』をさがしても見つからないのでしぶしぶ思いきっておととしもとめた同じ書店で2度目に手にした。210ページ「一乗谷朝倉氏遺跡」、240ページ「清洲と桶狭間」、253ページ「小牧、墨俣、岐阜」の3章を読んだ。
 わたしは宮脇氏が歩まれた土地を自分が関心を持っている所だけでも行ってみたいと思っている。金と時間がないので1ヶ所もまだたずねられていない。何年か前信長ゆかりの安土城あとには家族でおとずれたことがある。『信長公記』と秋山駿氏の評論『信長』や池宮彰一郎氏と司馬遼太郎の小説を読むうちに織田信長登場まえから徳川家康の死までの時代を研究したくなった。
 タクシー運転手がなんとか勤まりそうな気がしてきたので今年こそ旅行のためのわずかな金をためて岐阜と名古屋に行くことを夢見ている。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-02-26 17:38 | ブログ

ライブドアのフジテレビ「乗っ取り」を支持する

 きょう(2月20日)のフジテレビ『報道2001』はいつも以上にわたしには興味深かった。見ていない人にはなんのことやらさっぱり分からないだろうが、それでもかまわない。
 結論は見出しに書いたとおり。わたしは個人的にはライブドアの堀江とかいう社長を好きではない。しかしテレビで見るかぎりフジテレビの何とかいう会長より堀江社長の方が社会的にはずっとマシだと考える。このブログは論文ではないので説明はしないが朝日V.S.NHKの泥仕合よりライブドアV.S.フジテレビの方がはるかに問題のランクが上だ。
(ここでわたしは両切りのピースを一服する)
 堀江はフジテレビのバラエティ番組を降ろされて「好きだったフジテレビだったのに違うフジテレビになりそう」という意味のコメントを発していたが早くフジテレビを乗っ取って(たぶん「乗っ取り」は無理だとわたしは思っているのだが)くだらないバラエティ番組など彼自身の手でなくして貰えないだろうか。
 福井晴敏という作家の『ローレライ』が東宝で封切りになるらしい。『報道2001』がおもしろかったのは中川昭一代議士、イオキベ(難しい姓なので漢字で書けない)教授そして福井氏3氏の発言に賛同することが多かったせいである。映画を見にわざわざ劇場に足を運ぶことはしないが『ローレライ』がDVD化されたときは急いで借りてきて見ようという気になっている。こんなことなら福井氏の『亡国のイージス』を読まずに古本屋に売り払ったりなどしなければよかった。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-02-20 09:39 | ブログ

映画『黄金の腕』を見た

 バーンステインのタッタタタタタタッタカタータ(文字ではあらわせない!)というあまりにも有名な曲でこの映画は始まる。パッケージに「製作年:1955年」と書いてあるので日本公開は恐らく昭和31年ころだろうか。昭和32年だとしてもわたしは小学校の低学年だった。映画のタイトルと監督したオットー・プレミンジャーの名前は知っていたが映画を見るのはきのう(2月19日土曜日)がはじめて。
 トップシーンはフランク・シナトラ演じる「賭場の凄腕ディーラーだった」フランキーがバスで帰ってくるところ。このシーンはセットで撮られている 。恐らく50代後半から上の世代しかも志をまだもっている古い映画人(ほとんど死んでしまったが)にしか現場での撮影の醍醐味は分からないだろうがわたしは見ていて嬉しくなった。
 むこうのビルの陰からバスがあらわれクレーンにのったカメラが下がるにつれてこちらに向かってバスがやってきて停まる。荷物を持ったシナトラが降り、彼がなじみのカフェまで歩いていく。「ワァ、これが映画だ」とわたしは現場の段取りを思い浮かべながら楽しく感じた。
 いま500円だしてDVDを買ってこの映画を見た人にしかわたしの拙文を読んでもなんのことやら分からないだろう。原稿料を貰うならこんな訳の分からない文章は書けない。ブログだからできる。
 双葉十三郎『外国映画ぼくの500本』(文春新書313)の51ページに双葉さんのこの映画評が載っている。☆が四つ。(「☆☆☆☆以上=ダンゼン優秀」とP.6にある)
 「この映画の物語にはあまり感心しないのだが、場面にリアリティがあり、テレビ中継みたいななまなましい感じが出ている」と評論家みたいなことを氏は言っている(双葉十三郎氏は高名な映画評論家だからあたりまえ)。
 「人物の造型としては悪妻エリノア・パーカーが面白い
 「キム・ノヴァクは派手な役より、この作品の酒場女のようなうらぶれた役の方がいい
 なぜ氏がそう「感じた」のかDVDを静止画にしてわたしならみなさんにいちいち説明できる。双葉さんが「物語にはあまり感心しな」かったのはなぜかコマを戻したり送ったりしながらわたしは興味深くみなさんに分析してさし上げられる。
 「エルマー・バーンステインの音楽が成功の一要素である」という双葉さんの意見にはわたしは全面的に賛成。
 DLPのプロジェクターでこの映画を映写しながらみんなでああでもないこうでもないと映画作りについて語りあえる(自己満足の合評会などとは対極に位置する)日がくるのをわたしは夢見ています。いや、もうそんな日など来なくてもいい。タクシー乗務のない日にひとり部屋で楽しむことがようやくできるようになった幸せをありがたく思っている。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-02-20 05:00 | ブログ

1万人まであと25人

 もちろん重複(リピーターばかり? )があるだろうがのべ1万人の方々に読んでいただいたことに感謝します。昨年7月13日に始めたこのブログもはや7ヶ月が経過した。
 きのうある出版社の社長さんがタクシーに乗った。この人の愚痴を聞くうちにわたしは本業が映画監督であることをつい打ち明けてしまった。インターネットでの出会いに失望したわたしだが知り合った人にこの拙いブログをどんどん読んでいただいて人間関係の輪をひろげたいものだ。
 情けない乗客がまた北原山(の近く)から乗ってきた。醜男が3人と書いたがあと1人忘れていた。これで気にくわない奴が都合5名。こいつらの住まいをわたしは知っている。『十九歳の地図』ではないけれどヒマがあったら玄関先に糞でも置きにいこう、そんな気分でいまはいる。
 まさかそんな馬鹿なことはしないが気にくわない客を乗せたらどんな場所(交差点の中など停めてはいけないところ)でもかまわないのでタクシーを停め「どうかしましたか? なにか問題がありますか? イヤならすぐ降りて下さい」と言える日がくるのを楽しみにしている。嫌がる客の胸ぐらでも襟首でもいいのでつかんで引きずりおろす場面。想像しただけでもうずうずする。わたしの悲しい性(セイとは読まないでください。文脈から「さが」と読むのです)なのです。
 朝日新聞の『彰義隊』(原作吉村昭)、この2、3日読んでいない。夕刊を引っぱり出して蒲団の中で読むつもり。みなさんは読んでいますか?
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-02-17 22:18 | ブログ

北朝鮮へこちらから仕掛けてみてはどうだろう

 朝日新聞のきょうの社説。
 見出しはかっこいい。「北朝鮮声明 脅しをやめて席に着け
 「…北朝鮮の脅しは通じない。拉致も核もミサイルも、対話と圧力の腰をすえた外交でかかりたい」末尾の文章がいつものように腰砕け。
 朝日よ! あと一歩。「やられる前にこちらからやろう」となぜ言えない。なぜ言わない。日本の国民のみなさま。憲法をちょっといじって北朝鮮に先制攻撃が出来るようにしましょうよ。先手必勝と言いますでしょ。
 吉村昭『彰義隊』の9日10日の村上豊氏の挿絵がとてもいい。わたしは10日の絵が好きだ(眼が飛び出しているところ)。朝日新聞を購読なさっていない方はお早めにご近所の図書館へ行って見てみて下さい。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-02-11 22:04 | ブログ

北原山に済んでいる3人の醜男そのうちの1匹

 きのう勤務中にこんなことがあった。
 乗ってきた乗客に「こんばんわ! 」と言ったらこの馬鹿は妙(みょう)に感動した。「あれ? 新しいマニュアルでもできたの? 」「いいえ、そんなものありません。わたしは運転手として新人なのでタクシー協会で乗客を乗せてひとこともものを言わない運転手がいると聞いたのでそれはまずいと思いました。なにか言葉を発するなら『こんばんわ』というのが無難なのでそう言っただけなのですよ」
 この乗客は白髪、顔が四角い。不気味な顔立ちだ。よく結婚できたものだ。(財布の中に1万円札を2枚キチンと折りたたんで果たせそうもない不倫のために隠していそうじゃありませんか。じつを言うとこのあと「ラパンセ」(浦和駅東口に実在します)という安いラブホテルから役人風の40代のつまらない男を乗せました。その男は南与野駅の近くに住んでいます。夢を実現する幸運な人もいるのですね。わたしはこの男の家を知っていますよ。ウッヒッヒ! )
 時間は夜の11時半くらいだっただろうか? 下車するとき「支払い」のボタンを押したらメーターに1060円と出た。このおっさん、財布から千円札しか出していない。こちょこちょとあと60円をしぶしぶつまみ出しながら「いつもは980円なのに! 」とほざいた。わたしはこの息(酒の匂いだけではない。歯槽膿漏の膿の臭い)の臭い中年男をぶっ殺してやりたくなった。そこは抑えて「11時をすぎると3割増しになるものですから済みません」と声が震えるのが分かったが勇気を出して発言した。こいつに娘がいるならきっと湘南あたりで医療関係の仕事をしているのかも知れない。
 北原山の「地走り」は「あ、いいよ。いいよ。この60円はとっておきなさい」と意味不明の言葉をつぶやきながら安普請の家の玄関に入っていった。分かりますか? みなさん。この「汚れちまった悲しみ」(中原中也)が。
 あと醜男が2人いますがいずれおいおい記していきます。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-02-11 14:03 | ブログ

82号車には臭くて乗る気がしない

 きのう(2月1日)とんでもない事件が起きた。わたしの勤めるタクシー会社の組合の金500万円超をこともあろうに組合の会計担当が持ち逃げしたのだ。
 朝から晴れていてわたしは気分よく82号車をころがしていた。担当者の体臭がしみこんだこのタクシーは乗り込んできた若い女性客が悪臭から逃げるために後部座席の窓をすぐにあける。流れ込んでくる冷気も心地よく感じていた。無線がはいる。それ来たとわたしはタクシーをUターンさせる。客を運び終わったらすぐに組合事務所へ行け、という指令。わたしはなんだか胃にしこりを感じた。(業務中、なぜ無線が組合の用事を言うのだ。労使のなれあいは気持ち悪いぜ)
 組合事務所に顔を出すと幹部数名全員がお通夜のような暗い表情をしている。82号車の担当(彼は組合の書記長)が事務所に入ろうとするわたしをあわてて制止しておもてに出てきた。「すんません。わたしの用事で呼びつけたりして」などといいながらタクシーに向かう。わたしは彼の背中に「なにか忘れ物ですか? 」と問うた。担当者は82号を完全に私物化しているために「おれがおれの物をおれの車に置いている」のは「忘れ物」とは言わないと背中で応答した。コンソールボックスと運転席側のドア、状差し状の物入れの書記長の私物は車の後ろのトランクにとっくに放り込んである。82号の担当者は運転席のドアを開けたが私物がない。わたしがトランクを開けると必要なものをとりだしてあわただしく事務所に戻った。彼は言いにくそうに「なるべく私物は触らないでください」と顔をゆがめてわたしに言った。わたしは「すみませんでした。以後気をつけます」と応えたものの釈然としない。
 家にもどり残り物で昼食を済ませて(胃の手術以来投薬されている)消化薬をのんでも胃のしこりがとれない。おれは組合の書記長の車を借りてタクシー運転手をやっているのではない。タクシー会社と契約して82号車に乗務している。この理不尽さはなんだ!
 午後から臭い82号に乗るのはやめて早退することに決めた。
 さて、会社の洗車場。たまたま21号が戻ったので(この運転手は風邪で早退)洗い場を譲った。54号も戻ってきた。この先輩運転手は中小企業の社長でわたしに何やかやと教えてくれる。社長が缶コーヒーをわたしと21号におごってくれた。社長が「たいへんなことになったね」というと21号が「え? もう知っているのですか」と驚く。わたしはなんのことか尋ねた。そこで会計係の横領を知った。
 「わたしは負けて帰るのではない」とホッとすると同時に組合費を持ち逃げされた自分を含めた100名以上の運転手どもの間抜けさ加減がイヤになった。82号よりももっと臭い41号(担当は組合の文化部長)、この2台に乗るときは強力な脱臭剤を持ち込む以外にわたしの生きていく道はない。私物? そんなもの置いている方が悪い。これまで通りレジ袋にいれてトランクに放り込むにきまっている。
 それにしても持ち逃げされたわたしの組合費1、2万円はどうなるのだろう。(被害は多い人で10万円ちかい)タクシー会社の社長(この前面接でわたしはわたしの氏素性をうちあけている)以外だれもこのブログを読むことはないのでわたしは安心してなんでも正直に書ける。
 これもブログの効用であるだろう。王様の耳はロバの耳!
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2005-02-02 22:19 | ブログ