<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

〝ブッシュのポチ〟って誰のこと?

 言わずと知れた小泉首相がポチなのだろう。けさ週刊ポスト3月10日号を買った。
 「堀江3000万めーる」の永田代議士は〝自殺の危機〟で妻子と「ホテル同宿」という記事が読みたかった。夕方のニュースで永田がこんなことくらいで入院するなら小泉首相は「わたしは毎日入院しなければならない」とコメントしていた。あす永田と民主党の執行部が記者会見するらしいが楽しみだ。
 きのう購入した鈴木眞哉・藤本正行『信長は謀略で殺されたのか 本能寺の変・謀略説を嗤う』(洋泉社、新書y149)を読了。
 フロイスの光秀評(同書118ページ)
「裏切りや密会を好み、形を科するに残酷で、独裁的でもあったが、己を偽装するのに抜け目がなく、戦争においては謀略を得意とし、忍耐力に富み、計略と策謀の達人であった。また築城のことに造詣が深く、優れた建築手腕の持ち主で、選り抜かれた戦いに熟練の士を使いこなしていた」
 信長と光秀は気があっていたのではないかという同書の見解がわたしには興味深い。ポチについてはポストの「ブッシュ電撃空爆作戦」を迎え撃つイランと金正日の〝核密約〟という記事の末尾にある。週刊ポストの発行元はサライ族の総本山の大手出版社。NHK、朝日、岩波、そしてこの出版社。テレビ、新聞、出版社の包囲網にブログはどう立ち向かえるのか、訳の分からないことを垂れ流す幣ブログを続けないとならない使命感にわたしは燃えている。
 内田康夫『死者の木霊』(講談社文庫)をもう少しで読みおわる。産経新聞1月23日10面。「私の修業時代」で?(木偏に存、なんと読むのだろう。浅学のわたしには読めない)井千春という人が内田氏を紹介している。その初め。「なんだよ、書けもしないくせに」「いや、書けるよ」。売り言葉に買い言葉。友人との何気ない会話が、素人探偵、浅見光彦が活躍する推理小説シリーズで知られる人気作家の道に進ませることになった。とある。これを読んで内田氏の第四作『「萩原朔太郎」の亡霊』を読む気になった。氏のデビュー作『死者の木霊』はとてもおもしろいですよ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-02-27 21:16 | ブログ

坂崎重盛『「秘めごと」礼賛』(文春新書)を読む

 2月19日日曜日東京新聞11面、朝日新聞14面(ともに読書欄)に同書の紹介がある。
 東京新聞には「…フランスのミッテラン大統領が隠し子を公邸に置いているのを、一部のマスコミにすっぱ抜かれたことがあった。その時、ミッテランは慌てず騒がず、「エ・アロール(それが、どうしたの)? 」とのたもうた。…」とあるがわたしはミッテランが言ったのではなく大統領の奥さんが発言した言葉と記憶していた。渡辺淳一は確かそのこと(ご本人ではなく奥さんが記者会見でコメントした)を踏まえて同名の小説を書いたのではなかったか。
 朝日は「早川義夫(ミュージシャン)のポケットから」に「…家族の団欒(だんらん、原文にルビがふってある。横山)だけが幸せなのではなく、世間のモラルからかけ離れた、愚かなる行為が人によっては生きてゆくエネルギーとなり、精神しだいでは「芸術作品」にもなりうると説く。」とある。
 ふたたび東京。評者は矢島裕紀彦(ノンフィクション作家)。末尾に「…高齢化社会を迎えて、いよいよ元気な女性陣に引き換え、どこか飼い馴(な、原文はルビ)らされて覇気に欠ける嫌いのある中高年男性諸氏に贈る、健全なる応援歌として読める。
 わたしはこの本をもとめて本屋に走った。2日がかりで一気に読んだ。著者の坂崎氏はご自身言っているように「秘めごと」がありそうでなさそうで歯切れが悪いが、かりに氏に秘めごとがあったとしてもどうせ薄汚いものだろう。ではわたしはどうか。芸術作品が残せるなら後生秘めごととして暴かれ、意味も持つだろうがはっきり言ってこれまでの人生を振り返って、その自信はない(『純』や『卍』だけではダメなのだ)。きょうから秘めごと作りにいそしもう。60歳を期して監督として再デビューを果たさずにおくものか。
 あと1本、映画を撮りたい。死ぬまで悪あがきを続けよう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-02-25 22:54 | ブログ

きょうも生きていてよかった

 きのう『間諜最後の日』を見たと書いたが睡くなって途中でやめていた。ちゃんと見たのは『暗殺者の家』の方。
 午前3時に目が覚めて死への恐怖に押しつぶされそうになる。予定通り9時に医者へ行く。心電図には「心筋梗塞後2週間の波形が出ている」と先生に教わる。油断してはいけないが恐がりすぎもいけないらしい。いずれにしてもきょうあすすぐに死ぬことはなさそう。その後、タクシー会社へいく。担当の部長に会い、社長と今後のことを相談。2日勤務の2日目のことなので「労災」を申請してみるとのことで合意。あすから1ヶ月間(2月21日~3月20日)仕事を休んで静養できる。ほっとした。
 午後は昼寝をし、きのうのつづきで『間諜最後の日』を見終わる。原作はサマセット・モーム『アシェンデン』。(英文科に行っている二男とさっきモームについて話をした)
 『ヒッチコック映画術トリュフォー』(HITCHCOCK/TRUFFAUT、山田宏一 蓮實重彦訳、晶文社)の16ページの文章が思い出された。
「…ヒッチコックがリアリズムの映画作家だって? それはあまりにも奇妙で突飛すぎる考えだ、と言うひともいるかもしれない。だが、演劇の場合と同じように映画においても、台詞は人物たちの考えていることを表現するだけだが、現実生活では――とくにカクテル・パーティとか会食の席上とか家族会議とかいった親しい友人たちの集まりではない会合に列席する場合のような社交的生活では――対話がそれを交わす人間たちの考えていることとはしばしば全然別のことを表現していることを、わたしたちはよく知っている。…」 トリュフォーの意見にわたしは賛成。ヒッチコックはリアリズムの映画監督だとわたしは確信する。あすは『サボタージュ』、『第3逃亡者』を見て勉強しよう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-02-20 21:55 | ブログ

屁理屈男のモノローグ

 半日がかりで作ったカレーライスの晩飯をすませた昨晩(2月11日)、内田康夫『「萩原朔太郎」の亡霊』を読みおわり、あれこれ考えながら眠りについた。
 きょうはヒッチコック『暗殺者の家』を見たあと昼寝をし五目ずしとハンバーグを途中まで作って妻にバトンタッチ。食事をしながら妻に説教をした。
「心筋梗塞で死にかかったが今さら禁酒禁煙をする気はない。なぜならタバコをやめたら3年生きのびるというのならすぐにやめてもいい。1日、2日の延命なら寿命だと諦めて貰いたい。胃の手術のときは12日間すわないでいられたし、その前は理由もないのにひと月近く禁煙できた実績がある。また今度救急車で病院に運ばれればいままで同様、吸えないのだから、どうか好き勝手をやらせてほしい」と言いつつ食後、お茶を飲みながら両切りのピースをふかして静養しているわたしなのです。
 酒タバコ、女をやめて百まで生きて何になる(第一生命サラリーマン川柳にあったと思ってGoogleで検索してみたがない。電車の中吊りで見たのは錯覚だったのだろうか)
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-02-19 20:55 | ブログ

滋賀県の鬼子母神

 幼稚園児2人が殺された。親御さんたちは悲嘆にくれているに違いない。わたしが父親なら犯人のチャンコロをひと思いに…あ、また不愉快なトラックバックをされるのは嫌なのでこれ以上は書かない。
 「鬼子母神」を知らない人も多いだろうから例によって岩波書店の『広辞苑』第五版から丸ごと引用させていただきます。
きしも・じん【鬼子母神】(キシボジンとも)(梵語(スペルがこのパソコンにはない)訶梨帝)王舎城の夜叉神の娘。千人(万人とも)の子を生んだが、他人の子を奪って食したので、仏は彼女の最愛の末子を隠して戒めた。以後、仏法の護法神となり、求児・安産・育児などの祈願を叶えるという。また、法華経を受持する者を守護するともいう。像容に、1児を懐にし吉祥果(ざくろ)を持つ天女形と、忿怒相の鬼形がある。歓喜母。訶梨帝母(かりていも)。誹風柳多留(24)「―などを売るのはやすいやつ」
 もうひとつよく分からないが、ともかく分かったつもりになっていただきたく存じます。
 わたしの出身地、福岡県でも55歳の男が高校生の腹を刺したという理解に苦しむ事件が起きた。飯塚市在住の方から別件で14日にメールをいただいたが、あのH.M.のまわし者のような気がしてまだ返事をしていません。
 死にかかってから10日たった。すっかり弱気になっていたが少しずつ元気が取り戻せそうな気になっています。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-02-17 21:29 | ブログ

きのうきょうで4本の映画を見た

1. 『深夜の告白』(監督:ビリー・ワイルダー、1944年)
2. 『三十九夜』(監督:アルフレッド・ヒッチコック、1935年)
3. 『バルカン超特急』(同上、1938年)
4. 『透明人間』(監督:ジェームズ・ホエール、1933年)
 まえにも書いたが双葉十三郎『外国映画 ぼくの500本』(文春新書313)をガイドブックにしてわたしの生まれる前の作品を選んだ。自宅で静養するのにはこれが1番。
 60歳代(それまで生きていればの話だが)で映画監督再デビューを果たすために映画の勉強を1からやり直す。教科書は『ヒッチコック映画術トリュフォー』(HITCHCOCK/TRUFFAUT、山田宏一 蓮實重彦訳、晶文社)。
 山田宏一氏にはフランスの映画学校・イデックについてお話を伺ったことがある。蓮實重彦氏とはフランスでの日本映画週間(於:パリ、ナンシー)でご一緒し帰途アンカレッジで生まれたてのわたしの長男への土産に皮のベストを買っていただいた(1983年、蓮實氏にはフランソワ・トリュフォーを紹介いただくはずだったが果たせなくて残念)。
 「HITCHCOCK/TRUFFAUT」を真似て「深作欣二/横山博人」をやりたかったがわが大先輩へのインタビューは1度だけで終わった。某評論家がわたしより先に深作監督にインタビューを申し出ていたため律儀な深作氏はわたしのお願いを聞いてくださらなかった。某氏のインタビューは『映画監督 深作欣二』という題で3年前上梓されたが脚本家の荒井晴彦がぼろくそに言っていた。うわっすべりな質問ばかりで高価なわりに内容が空疎でつまらなかった。近々古本屋に売ッぱらってやるつもり。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-02-13 22:54 | 映画

「ライプニッツ恐るべし」

 見出しはおととい病院から脱出して買った本の帯にある。内井惣七著『空間の謎・時間の謎 宇宙の始まりに迫る物理学と哲学』(中公新書1829)
 この本の目次を見て購入を決めた。「第Ⅱ章 ライプニッツとニュートンは何を争ったか」。きょう3分の1ほど読んだがさっぱり分からない。何回も読み直しているうちに分かってくるかも知れない。くどいだろうが帯の全文を以下に記す。
 ライプニッツ恐るべし 物理学に隠されていた時空の哲学を解きほぐす
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-02-11 22:12 | ブログ

死にそこなう度に生きていく意欲を点検してみます

 きょうも朝から息子の車で跳びまわる。手術代がすごい金額。タクシー会社の社長に相談に行く。高額医療費は社会保険で前借りできるという知恵をさずかる。社会保険事務所にいく。三文判がいる。コンビニには売っていない。近所を走り回る。心臓の手術をしたばかりで大丈夫なのだろうか、と立ち止まる。支払期日まで間がない。え、ままよとばかりにダッシュする。手術代の何割かが借りられそう。ほっとした。
 こんなことばかりしているが何のためか。やっぱりわたしには映画しかない。ホームセンターの安い洋画の旧作DVDの陳列を見ているだけで心安らぐ。晩飯後、欲しい作品リストをパソコンで作る。「読まずに死ねるか」というミステリに関する本がたしかあったような気がするが、わたしの場合「見ずに死ねるか」という思いが強い。古い映画を見たからと言ってなにがどうなるものでもないのは分かっている。生きていくつっかえ棒がわたしにはほかにもまだまだたくさんある。
 あすはタクシー会社と取り引きのあるディーラーがさがしてくれた17、8年前の3000㏄の国産車がわが家に来る。長男が見つけてきたベンツ(排気量は同じ3000)にしようか迷ったが分相応がいい。分相応と言うなら軽の中古がいまのわたしには似合っているのだが維持費がかかるのは分かりきった車に嫌気がさすまで乗ってみるのだ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-02-10 23:19 | ブログ

きのう(2月8日)の「その時歴史が動いた」を見た

 副題「古代日本の最大の戦い・壬申の乱、勝利の秘密 天武天皇誕生の時▽謎の伝承」を長男に昨晩録画させておいた。きょう無事退院できたのでさっき見終わった。皇室典範改正問題にからめてのオンエアはあっぱれ。先週か先々週の北朝鮮拉致問題(「クローズアップ現代」)の時にも感心したがNHKは頑張っている。案内役の松平某(「マツケンサンバ」のタレントとは別人)は携帯電話が普及し始めるころ、個人タクシーの運転手の携帯をふんだくり貸すのを嫌がった運転手の頭を靴で殴るという不祥事を起こした。眉毛の濃い角張ったこの顔をNHKはいつまでのさばらせているのだろうか。
 あ、またまた余計なことを書いてしまいました。この悪癖は死ぬまで直りそうもありません。お許しください。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-02-09 21:42 | ブログ

おとといわたしは心筋梗塞で死にかかりました

 2月7日火曜日あさ5時に目が覚めた。左の胸がおかしい。痛いと言うのでもない。苦しいと言えば苦しい。そのどちらでもない。はっきりしているのはこのままではわたしは死んでしまうに違いなさそう。タクシー勤務どころではない。家族を起こすのは躊躇(ためら)われたのでひとりで悶々とした。我慢しきれなくなり6時すぎ妻に声をかけた。わたしが死んだあとのプロシジャー(手順、とでも言えばいいのか)をことこまかに1時間ほど話した。わたしの話は繰り返しが多い。そのことに気づいた妻が「もうそろそろ救急車を呼ぼうか? 」とこわごわ切りだしたので手配を頼んだ。雪あがりで凍った道を消防自動車が先導してわたしは無事救急車で市立病院に担ぎ込まれた。午前8時ころだったろうか?
 循環器科のI先生がカテーテルを大腿部から挿入し「左冠動脈主幹部」「前下行枝」がドロドロの血液で詰まっているのを見つけてcypl(あとのスペルが分からない)ステントというものを嵌めてくださった。これで血液が流れ出しわたしの心臓は停止したままにならずにすんだ。2、3週間の安静を要するとのことでICU(集中治療室)に入れられたが何とも居心地が悪い。2日我慢したがもう限界。わがままをI先生に聞いてもらってたったいま退院して帰宅したところです。
 このブログを二男に閉鎖させようと考えたがまだまだ続けられそうなのでほっとしています。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2006-02-09 13:38 | ブログ