<   2007年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

斎藤武市監督『ギターを持った渡り鳥』を見た

 きょうは参議院選挙。立候補者7人の誰にも投票したくないしどの政党にも入れたくない。それでも無理に近くの公民館に行き投票してきた。そのせい(!? )で普段見ない映画を見たくなった。
 図書館から借りたビデオのパッケージには以下の惹句が載っている。
俺は名もない渡り鳥
命は海にあづけたぜ!
ギター片手に港町を行く
マイトガイアキラの黄金娯楽活劇!!

 恐ろしくなるくらいリアリティがない映画だ。日活おとくいの無国籍活劇。
 双葉十三郞『日本映画 ぼくの300本』(文春新書)69ページに興味深いことが書いてある。そこのところを引用させていただこう。
「…スターリング・ヘイドンがギターを持った渡り鳥で、ジョーン・クロフォードが酒場の女将という西部劇『大砂塵』(監督ニコラス・レイ、米=′54、主題歌「ジャニー・ギター」が有名)を斎藤武市監督は観ていたんではないですかね。」だって。
 斎藤監督といえばわたしは東映東京撮影所にいたころ2本助監督としてついた。ある日セットの陰で先輩助監督にこの監督のさっぱりした撮り方の悪口を言っていたらご本人がすぐそばにいらして全部聞かれてしまう。それ以後現場では苛められるし製作課長に告げ口はされるしさんざんな目にあった。斎藤監督曰く。これまで自分についた助監督で最悪だったのは神代辰巳だが横山はそれをしのぐ最低の助監督だとのこと。K課長がうれしそうにわたしに教えてくれたことをいまでもよく覚えている。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-07-29 12:09 | 映画

新藤兼人監督95歳、わたし59歳

 さくばんのNHKテレビ「クローズアップ現代」は新藤兼人監督。妻とふたりでじっくりと拝見した。あやかりたいものだ。
 わたしはと言えば今月は21日からタクシー運転手の再出発をしたのだが不甲斐ないことにもう3日も休んでしまった。精神安定剤を飲んでは運転できない。飲まないと布団から起きあがることができない。おまけに親知らずを抜いたあとの痛みがとれない。とれないどころか食事中に砂のようなものを嚙んでしまいしゃべるのも億劫。激痛が走ってのたうち回ったりしている。
 愚痴はこれくらいにするが新藤監督をごらんになった方はわたしが氏を真似てあのような生活を目指しているのだとご理解いただけることと思う。しかし生活態度さえも新藤さんの足元にも及びそうにない。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-07-26 07:27 | ブログ

松本清張『点と線』を何十年ぶりかに再読した

 同書を手にしたきっかけはきのうの朝新聞でビートたけしがテレビドラマ『点と線』に久しぶりに俳優として出演する記事を見たからだ。彼はどうやら「鳥飼重太郞という古参の中年の刑事」に扮するらしい。興味深いではないか。
 髙一か中三か覚えていないがこの本を読んで松本清張はすごいと動転した記憶がある。『砂の器』の原作を読み橋本忍のシナリオを勉強しこのあいだは『張り込み』の研究もした。わたしは推理小説を書く気はない(書けない)がシナリオ以外にも何か小説は書いてみたい。昨晩『点と線』を読み終えるとなんだかわたしにも書けそうな勇気がわいてきた。
 ヒントになったのは『点と線』の鳥飼重太郞とか『砂の器』『張り込み』の刑事たち、これらは皆松本清張が自分を投影させているだけのことではないかということ。「だけのこと」とか言うがそこが難しいのは分かっている。テレビでビートたけしの『点と線』を見る前にわたしなら「どうする」と自分なりのシナリオを書いてみる。わたしは怠け者なので書くのは面倒なので頭の中で書いてみる。そして番組はハードディスクに録っておくのだ。あとで舐めるように自分の考えたこととテレビを照合する。この作業は実に楽しそうだと思いませんか。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-07-20 09:53 | 映画

ドストエフスキーにまた挫折

 転んでもただは起きない主義のわたしはうつ病のときこそドスちゃんだとばかり『死の家の記録』(工藤精一郞訳、新潮文庫)に挑戦した。
 まえにも書いたが体調がよほどいいときでないとドスちゃんの饒舌と「アレクサンドル・ペトローヴィチ・ゴリャンチコフ」などの長ったらしいカタカナ名前には耐えられない。ちょうど半分読み終わったおとついついに分厚い文庫本を放り投げてしまった。たしかドストエフスキーは若いときに読む本だとなにかに書いてあったがその通りかもしれない。強い精神安定剤を服用している還暦まぢかのわたしにはドスちゃんへの道のりはやはり遠かった。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-07-20 09:19 | ブログ

タクシー運転手に逆戻り

 2、3ヶ月まえから「運転手を卒業する」といきまいて職務経歴書まで作ってNPOに職をさがしてもらったがそう簡単に見つかるわけもない(理事長の判定ではわたしは社会的に大学教授くらいがふさわしいらしいです)。バードタクシー(仮名)にはうつ病と届け傷病手当をもらっているのだがさすがのわたしも金欠病にはまいったと言わざるを得ない。あすからまたタクシー乗務をはじめる。
 「馬鹿のふりして運転手を3年もやっていれば本物の馬鹿になり担当の車をあてがわれるころには大馬鹿になっている」というテーゼ(? )はわたしのなかでいまも生きている。つまりすすんで馬鹿になりにいくのだとつい負け惜しみを言ってしまいそう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-07-20 09:01 | ブログ

新田次郎『八甲田山死の彷徨』をようやく読了

 長男が青森の幸畑というところに3年間アパートを借りていたことがある。わたしは2、3度行っている。八甲田山は映画にもなり名前だけは知っていた。美しい山だし、酸ヶ湯という温泉にもつかった。なんどもこの本を読みかけたが初めの方でつまずいていつも途中で放り投げていた。聯隊の前で火事があるところから始るのがわたしにはどうしてもよく分らない。読み終ったいまでも著者の意図が理解できない。
 はじめのところを気にしないようにして読み進むと幸畑に「五聯隊の遭難者墓地」があったり雪中行軍遭難場所が酸ヶ湯温泉に近かったりするので場面が浮かびやすい。昨晩から一気に読み終った。図書館のDVDも予約した。映画の脚本は橋本忍。氏がどのように脚色したのか知りたい。場合によってはシナリオを先に読むかも知れない。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-07-15 08:47 | ブログ

きのうシェイクスピア『リチャード三世』(岩波文庫)を読んだ

 訳者は木下順二。「薔薇戦争」だ。「ランカスター家とヨーク家」だ。高校のとき世界史の授業をもっと真面目に聞いておればよかった。時代背景がさっぱりわからないので興味がどうしてもわかない。ジョセフィン・ティ『時の娘』を読むための準備の読書ではいかに木下順二訳だからといっても今回はあまり得るものがなかったようだ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-07-15 08:28 | ブログ

橋本忍脚本『張込み』をDVDで見た

 原作は松本清張。『顔』(双葉文庫、日本推理作家協会賞受賞作全集9)という本に収録されていて1995年5月26日に買った。わたしはまずこの原作を読んだ。購入した時点で読んでいたが今回読みなおした。つぎに県立図書館の『年鑑代表シナリオ集 ´58』に載っている橋本忍のシナリオを一字一句パソコンに書きうつした。
 映画が製作されたのはわたしが10才のときなのでタイトルさえ知らなかった。監督を志して上京後どこかの名画座で見た。さきほど見直して感無量。
 撮影はほとんど佐賀県でなされたようだが幼かったときに見た風景がそのままよみがえり59才から一気に50年ひきもどされた。
 監督は野村芳太郎。この人の代表作だ。わたしはほかに『五瓣の椿』(原作:山本周五郎、1964年)、『張込み』と同じ九州ロケの『白昼堂々』(原作:結城昌治、1968年)などが好きな作品。氏を遠くからお見かけしたことは何度かあるが面識があるわけではない。この人は助監督時代あの黒澤明監督にとてもほめられたということを最近なにかで読んだ記憶がある。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-07-12 17:02 | 映画

『雲霧仁左衛門』と『小説吉田学校』

 前者は1978年わたしが監督第一作『純』をかかえて配給してもらおうと映画界をうろうろしていたころの作品。脚本は池上金男(=池宮彰一郎)。あらっぽい映画だ。
 後者は1983年わたしは2本目の『卍』の封切りを尻目に国際交流基金の派遣でパリ、ナンシーで開催される第2回日本映画週間のために渡仏した年。
 特典映像で山本又一郎とかいうプロデューサーのインタビューを見たがこの山師みたいな人物を少し見直した。学年が一緒で団塊世代だがわたしとは水と油。どこにも接点はないのだが三軒茶屋あたりで苦労しているのが忍ばれ元気でいてもらいたいと願う。
 山本一力という同世代(学年は彼がひとつ下)の直木賞作家の『家族力』という本を図書館から借りて家族でパラパラと目を通した。富岡八幡宮のちかくに住んでいるらしいがわたしはむかしこのお宮で祝詞をあげてもらおうとして社務所の人間を怒鳴りつけて果せなかった。この小説家は3度結婚したようだが頑張り屋さんのようでプロデューサーの山本さん同様わたしとは無縁(山本姓の人とわたしは相性が悪いのだろうか)。
 精神安定剤の副作用だと思うのだが調子があがらない。自分のやりたいことをすこしずつでもやりながら薬はやっぱり減らしていった方がよさそうだ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-07-09 05:50 | 映画

舛田利雄監督『紅の流れ星』を見た

 これも無国籍映画というのだろうか。パッケージに石原裕次郎主演『赤い波止場』のリメイクと書いてあるが同監督のこの映画は見ていない。勉強のつもりで見る映画はあまりおもしろくない。昭和42年製作らしいが封切で見たらいまよりもっと感心していただろうか。
 脚本に池上金男(監督と共作)とある。このあいだ亡くなった小説家・池宮彰一郎のことだと知っている人はわずかだろうな。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-07-07 18:10 | 映画