<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

わたしの日課

 毎朝、わたしは猫におこされる。まえにも書いたが猫の名前はオスだから寅彦。生後7ヶ月か8ヶ月。川口市のどこか公園にすててあったものを去年9月2日妻が知人から貰ってきた。
 2、3日まえ妻は寅彦に子供を生ませられなくする手術を受けさせた。
 この寅彦がタクシー乗務で疲れているわたしを今朝もおこした。糞をヘンなところでする癖はあいかわらず矯正できていないのできょうは妻が目覚めるまで寅を風呂場に閉じこめてみた。結果、まったく効果なし。
 飼い猫の寅以外にわたしは2匹の野良(家のなかにいない。入れようとしても嫌がる)の雌猫をかわいがっている。一匹は黒猫なのでクロ。もう一匹はブスだから(? )花子。クロと花子のエサはくすり屋のチェーン店で安い物をわたしが自分で買ってきている。
 で、この野良猫どもにエサ(以下ポロポロと呼ぶ)をやるのだが普通にはあたえない。じらしに焦らしてやる。わたしの家では煮干しでみそ汁のダシをとるが鍋からとりだした小魚をこのポロポロの上にのせてやる。そうとう長いこと(ときには半日くらい)焦らす。息子たち2人も妻もわたしのサディステックな傾向を病的だと知っているので「こまったものだ」という顔をして見ぬふりをいつもしている。第三者がわたしの焦らしを目撃するときっと眉をひそめるに違いない。動物愛護協会から間違いなくクレームがつくだろう。
 わたしは野良猫にエサを与えているとき死ぬのではないかなどとさっき思った。そんな死に方がわたしにはふさわしいなどと考えるとなんとなく心筋梗塞でいためた心臓が動悸をおこし始めたような気がしてきた。「あかつきに死す」などという気のきいた題名の映画か小説があったがわたしは野良猫2匹に早朝エサを与えながら死んでいくのが一番似合っているのではないかなどとこのごろ実感している次第です。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-01-24 08:57 | ブログ

伊丹万作監督、片岡千恵蔵主演『赤西蠣太』を夕飯前に見終わった

 むかし若いころ見た記憶がある。猫に小判ではないが「あまり好きではない」という感想を持った。きょう見直して罰当たりなことだったと反省しきり。この作品は世評通り映画の教科書ではないか。勉強のし直しだ。
 さきごろ細谷正充編『時代劇原作選集―あの名画を生みだした傑作小説』(双葉文庫)を図書館から借りて全部読んだ。短篇10本のアンソロジー。劈頭が志賀直哉『赤西蠣太』。これも昔読んだが今回読み直してこの名作をもっとありがたがる必要を感じた次第。で、映画も見直してみたのです。
 ついでながらアマゾンでみると『時代劇原作選集―あの名画を生みだした傑作小説』はどうやら絶版らしく確か古本で3000円以上もする。むべなるかな。以下に収録されている他の9作の名前をあげておく。
 司馬遼太郞『奇妙なり八郞』(映画は篠田正浩監督『暗殺』)
 山本周五郞『日々平安』(黑澤明監督『椿三十郞』、封切りで見た)
 柴田錬三郞『人斬り斑平』(三隅研次監督『剣鬼』、この映画をわたしは見ていない)
 村上元三『ひとり狼』(映画は池広一夫監督)
 子母沢筧『座頭市物語』(映画は三隅研次監督)
 池波正太郎『色』(松田定次監督『維新の篝火』、この映画は見ていない)
 滝口康彦『異聞浪人記』(小林正樹監督『切腹』、封切りで見た)
 南條範夫『被虐の系譜』(今井正監督『武士道残酷物語』、封切りで見た)
 海音寺潮五郎『酒と女と槍と』(内田吐夢監督『酒と女と槍』、見ていない)
 村上元三『ひとり狼』以外はそれぞれの作家の文庫本にあるので是非お読みいただきたい。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-01-14 20:36 | 映画

テレビでいま「スーパー職人大集合 技能五輪に挑んだ若者たち」を見ている

 わたしはNHKが大嫌いだ。いまオンエア中の金メダル16個を獲った若い職人たちには心から敬意を表するが蓄膿の女アナほか司会をしている馬鹿者どもの軽さというか他人を見下すような(むかし宮田輝とかいう馬鹿アナがいた。個人タクシーの運転手を靴で殴った松平などNHKの伝統的な)態度がどうしても許せない。
 わたしに同感の人はこの日本に何人いるだろうか。おそらくひとりもいないだろう。けれど頼もしい若い職人がたくさんいることが分かって目あき千人盲千人じゃないが日本もまだまだ捨てたものではないのだと感心している。でも不愉快になるのでもうテレビはけした。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-01-14 20:16 | ブログ

新潮日本語漢字辞典を知っていますか

 わたしは元旦の産経新聞の広告を見て知りました。価格が高いのと場所をとりそうなのでまず現物がみたいと思いさいたま市にたくさんある図書館のうちこの辞書をおいているいくつかの図書館のひとつ(よく売れているらしく全部の図書館にあるわけではなさそう)へわざわざ軽トラックをころがして今朝みてきたところです。
 この辞書はとてもいい。広辞苑の新しいものを買うくらいならこれを購入したい。と言いながら買わずにもっぱらみたいときは図書館に行って読めばよい。わたしは還暦を目前にして新しい生活スタイルを築き上げようとしております。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-01-14 16:30 | ブログ

アメリカ映画『終身犯』を見て感動した

 死刑廃止論が高じて日本にも終身刑ができそうだというニュースを聞いた。審議会での議論なので終身刑は死刑とは違った意味で残酷だなどの声もあるらしいから法律ができるかどうかは分からない。
 ふと立ち寄ったさびれた商業施設の催事場でジョン・フランケンハイマー監督の『影なき狙撃者』と『終身犯』のDVDを見つけた。製作年度で言えば前者の方から見るのがいいだろうが鳥の研究を独房のなかでつづけたバート・ランカスター演じる実在した終身犯に以前から興味があったので今朝オープンを待って中古のDVDを購入した。149分とパッケージに書いてあり小分けしながら見ようと見始めるととまらなくなって最後まで見終わった。
 フランケンハイマー監督はこの映画を撮った頃まだ30代ではなかったのか。堂々と落ち着いた画面を食い入るように見ながら、これこそ映画だと楽しんだのでした。
 長男と二男そして妻にも強制的に見せなければならない。みなさんも是非見てください。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-01-13 23:22 | 映画

小田島雄志『シェイクスピアに学ぶ老いの知恵』(幻冬舎)を覗く

 小田島先生はわたしが文化庁の在外研修生としてニューヨークに行ったときの試験官のおひとりだった。1988年の秋、故・田山力哉氏に「今年限りで試験官をやめるのでいまならなんとかなる(合格させられる)」から芸術家在外研修生制度を受験してみてはどうかと勧められた。ふたりの息子たちはまだ小さかったが幸いなことにこの夏、妻の両親が浦和市大牧に建てた300坪の豪邸に同居させてもらうことになり転居したばかりだった。わたしは早速応募した。文部省で試験がありのこのこでかけていくと小田島先生が「あなたは英語がしゃべれますか? 」と質問された。わたしが「いいえ」と即答したら先生はじめ数名の試験官たち(むろん田山氏もその中にいらした)がいっせいに笑った。ニューヨークに1年間滞在するのに英語はひとこともしゃべれないとは何事かと呆れたのだ。小田島先生はニコニコしながら「しゃべれないと困りませんか? 」という意味のことを聞かれたので「すぐにでもアテネフランセに通って泥縄式でなんとかします」と素朴に素直に答えたのが試験官全員に好感を持たれたようだ(その日の夜の田山氏からの電話)。
 前置きが長すぎました。同書16ページにマクベスの台詞が載っている(もちろん小田島雄志訳)。太字のところだけを引用する。
思えば長いこと生きてきたものだ。おれの人生は黄ばんだ枯れ葉となって風に散るのを待っている。
 「それなのにどうだ、老年にはつきものの……」と続くのだが「おれの人生は黄ばんだ枯れ葉となって風に散るのを待っている」のところがいまのわたしの心境にぴったりなのです。
 わたしは映画監督としては黑澤明のようなナンバーワンにはおよそほど遠かったが人間としてはわがまま好き放題に生きてこられオンリーワンであった(そうとうにはた迷惑だっただろうが)とひそかに自負している。のこりあとわずかの人生を力一杯生き抜こうではないかと年頭にあってタクシー業務あけの日の夕方あめ玉を舐めるようにピチャピチャ音を立てながらひとり部屋でこの思念にとらわれているのであります。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-01-13 18:11 | ブログ

ロンドンのタクシー運転手は年収600万円

 あのNHKの報道なのでどこまで信じていいか分からないがテレビでロンドンのタクシーは恵まれた環境にあることを知った。英国に比べわが日本のタクシー運転手は生活保護なみの収入がやっとというのがほとんど(わたしもそのひとり)。これではやっていられない。
 運転手の組合に多少関わったので分かるのだが運転手の意識が向上すればイギリスとまではいかなくとも生活保護なみの収入はすぐにでも越えることは可能なのだと思うがセイフティーネットのなりそこないの社会の掃きだめの地位に安住している運ちゃんがほとんどなのでこれは言うだけ無駄。
 昨晩タクシーを洗車していたら年配の運転手に「どうだい3万はやったかい? 」と聞かれたのでわたしは反射的に「とんでもないわたしは皆さんと違って生活も命もかけずにほんのお遊びでこの仕事をやっていますので3万円なんかとてもとても」と応えたらこの年寄りには意味が通じなかったらしく「……さてもうすこしやるか」と自分の車に乗り込んだ。わたしってひねくれた悪い子ですねぇ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-01-13 10:18 | ブログ

もういくつ寝ると

 ふつうは「(ここに一太郞の歌記号がはいりたいのだがなぜか出来ない)お正月! 」とくるのですがわたしの場合は3月16日の誕生日が待ち遠しいのです。
 その理由は近所のプールの入場料が60歳以上は半額になることと携帯電話の料金が安くなる(ところもある)からです。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-01-08 20:54 | ブログ

打ち明けますと

 ブログがとどこおりがちなのはわたしがずぼらなのが第一の原因ですが他にトラッキー(我が家の飼い猫)にかまう時間が長すぎることと先月12日(20071212)ついに欲しかったトラックを手に入れた(長男名義です)ために乗り回すことが多いためなのですよ。
 ご理解下さい。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-01-08 20:46 | ブログ