<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「のりピー」から「らりピー」へ

 酒井法子のバッシング報道が多すぎる。わたしが面白いと思ったのはどの週刊誌のものだったか覚えていないが新聞広告で見た見出しに書いた1つだけ。
 わたしの二男が小学生の頃しきりに「のりピー」と言っていたのでこの同郷のタレントの名を知ったのだが正直言えば「あ、この娘、頭が悪そう」と当時から思っていた。頭が悪いことは罪悪ではない。むしろ少し頭が悪いくらいの女の方がわたしは好きだ。
 酒井法子が法の裁きを受けたのち彼女を女優として使ったら低能であるがゆえにいい味が出せる俳優になるだろうとわたしは確信している。果たして何年後かに彼女は芸能界に復帰できるだろうか。消え去って欲しくない。
 がんばれ「らりピー」!
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-08-29 07:11 | ブログ

宮本武蔵『五輪書』

 20代のころ岩波文庫で読んだ。若かったのでほとんど理解できなかった。
 鎌田茂雄『五輪書』(講談社学術文庫、735)を古本屋でもとめて読み直してみると自分の浅はかさが身にしみている。反省しきり。
 図書館から岩波のワイド版と神子侃(ただし)訳『五輪書』(徳間文庫)を借りてあれこれと読み比べている。徳間版109ページにある神子氏の現代語訳をまんま引用させていただく。
体当たりの呼吸
 体あたりとは、敵のまぎわにとびこみ、体で敵にぶつかることである。自分の顔をややそむけ、自分の左の肩を出し、敵の胸にぶつかる。
 ぶつかるには、こちらはできる限りの力で、呼吸を合せてはずむようにとびこんでいくのである。こうしてとび込むことに習練をつめば、敵を二間も三間もはねとばすほど強力となるもので、敵が死んでしまうまでにぶつかれるものである。よくよく鍛錬するように。

 戦後とくに人権重視、ちかごろはますますその傾向の度が過ぎているので「よくよく鍛錬するように」と言われても鍛錬を諦めざるを得ない。うっかりすると業務上過失傷害、へたをすると過失致死。損害賠償を求められたらどうしようもない。
 武蔵の昔はよかったとか言えば眉をひそめる奴ばかりだろうなぁ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-08-24 06:20 | ブログ

気持ちのいい朝をむかえている

 寅彦(飼い猫、写真の左側)に毎朝起される。きょうは自分で目覚めた。そばにいた寅彦はさっと部屋を移動する。わたしは知らぬ顔で味噌汁のだしをとるために昨晩から妻が煮干しをいれて用意した鍋のコンロに点火。米を2合とぐ。バナナを1本食べてそれから猫のエサ。寅彦はきょうはいつものポロポロが気にいらないらしく表に出せと言う(ほんとに猫語で言う)。さっとさくら(右側の顔がひきつった方)も寄ってくる。子犬用の丈夫な長いワイヤーの一方に寅彦、片方にさくらの首輪をセットしてはだかの炬燵の脚にくぐらせて猫のひたいくらいの庭に出す。
 パソコンのスイッチをいれて玄関に新聞をとりにいく。6月から讀賣にかわって毎日新聞をくばってもらっている。配達の韓国の留学生ブン君がスポーツニッポンを毎日かかさずサービスしてくれる。
 いつもどおりのわたしの朝なのに今朝はなぜか気分がいい。つまらないことを書く気になり拙ブログに載せることにした次第なのであります。
 トラ(寅彦のこと)がガラス戸ごしにじっとわたしを見つめている。もう戻りたくなったのだろうか。猫2匹の様子を見ないといけないのできょうはこのへんで。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-08-18 06:00 | ブログ

上山春平という人を知っていますか

 だいぶ前に『神々の体系』という中公新書をいつもの古本屋の100円コーナーで見つけて後半はすでに読んでいた。神経科のクリニックで「文藝春秋」の何月号かをめくっていたら現・静岡県知事の某氏の文が目にとまった。(これを目にしたのは選挙前)『埋もれた巨像 ――国家論の試み――』(岩波書店)で藤原不比等に興味を持ち『日本書紀』が氏の「枕頭の書」なのだそうだ。
 早速、図書館に予約。『続・神々の体系』もついでに予約した。両書を手にしてみるととても興味深い。どうしても印がつけたい。ネットで2冊とも購入した。『神々の体系』の前半、未読の第1章、第2章を読み終え『続・神々の体系』も一気に読了。『埋もれた巨像』を手にしたら眠られそうになくなったので無理に中断しているところ。
 平城京、日本書紀、律令制が作られた背景に不比等がいたという上山春平の説は上質のミステリーを読む以上にわたしを強く引きつけるものがある。
 このようなことを面白がっている人であるから知事選挙でも当然当選するだろうと思ったらやっぱりピンポーン。正直に言えば「文藝春秋」を手にする前はわたしはあまりこの男(静岡県知事)を評価していなかった。宮崎県、大阪府そして静岡県。千葉県はこの3つに比べるとだいぶ落ちるが興味深い知事たちが日本を変えてくれるかも知れないと期待している。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-08-12 06:52 | ブログ

ウィルコムのPHSを持っている人と話がしたい

 ウィルコム同士なら通話料金は無料らしい。
 ホームアンテナ 1x というのを部屋に設置した。これでわたしのピッチもようやく人並みに表にいても家にいても通話ができる状態になった。
 懲りずに言うがこのブログを通じて誰かと話がしたい。PHSの番号を公表しようかと考えたが、それだけはやめた方がいいとウィルコムの人から止められた。手続きを踏んでどなたかメールをいただけませんか。お互いに安心できるようなら番号を教えあう。
 わたしはまだまだ「連帯を求めて孤立を恐れ」ません。弊ブログを続けるかぎり気長に連帯を欲します。これからもときどきこんな拙文を載せるつもりです。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-08-12 06:23 | ブログ

タクシー運転手もそろそろ潮時のようですよ

 バードタクシー(仮名)で運転手をはじめて来月で丸5年になる。ほとんどと言っていいほど馬鹿揃いの100名以上の運転手どもの醜いツラと名前を覚え慶応大学卒というのは本当だろうかと首を傾げたくなる愚かな三代目ボンボン社長と運転手あがりの教養のない2、3人の中卒マネスタ(分からない人は辞書を引くこと。無論どの辞典にも載ってはおりませんが)どもに愛想が尽きはてた。
 きょうすぐにでもコキやめたいがわたしにも貧しいながらも生活がある。タクシーを辞めたらそのあとどうするか失業保険などちゃんと貰えるのかなど子供じゃないので数ヶ月考える時間が必要だ。
 馬鹿ボン社長はじめバードの誰が読んでいるか分からないので秘密にしておかないとならないこともある。親近感が持てる10本の指にもみたない運転手の人と一応あるにはある組合、このことは放っておけない。このブログじゃないが一人でも読んで下さる人がある限り閉鎖することはたぶんないようにバードタクシーに一人でも退社後もつきあいたい人物がいれば、大げさかも知れないがわたしは命をかけてこの小さなタクシー会社内部にひと騒動起さずにおくものか。(傷害事件など恐くない。前から1ぺん起してみたかった)
 政権も今月中には民主党に移りそうだからバードタクシーの腐ったことどものすべてを国土交通省の担当部署にチクッてやろうかな。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-08-07 13:51 | ブログ

領収書2枚と文庫の帯

 神経科クリニックにうつ病の診察を受けに行き薬局から薬を貰った。薬局とクリニックそれぞれの領収書2枚、金額はあわせて3110円のコピー、いやスキャンをする。文庫は岩波文庫 白128-9 フォイエルバッハ論 星一つ(懐かしい方もおられるだろう)100円の帯をスキャン。
 「フォイエルバッハ唯物論の抽象的観念的人間主義を批判しつつ、生き生きとした精神でマルクス主義の世界観と歴史観を展開する.」と書いてある。すごいですね。
 いつ買ったか、どこでいくらでもとめたかまったく覚えていない。無論まだ未読。そのうち読むかも知れないし死ぬまで1ページも開かないかも分からない。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-08-04 19:43 | ブログ

やっぱり続けようこのブログ

 Mさんとあっけなく決裂してしまいネットでこの5年間ひとりもちゃんとした出会いが出来なかったなぁという感慨を持ったらむなしくなった。閉じてしまおうかとチラッと思ったがMごとき者のために閉鎖するのは癪だと反射的に反省。
 と言って何か書く気にもなれず暑さのせいにしてしばらく放っておいたがつまらないことをつづる気力が湧いてきた。
 ScanSnap S300というものをネットで購入してだいぶたつが評判通りなかなかいい。これで部屋がいっきに片づく(とは少しも思わなかったが)かも知れない。
 本の帯、さっきは「中央公論社 世界の名著 31 ニュートン 責任編集河辺六男」の幅5センチくらいのものをスキャンしてみたが3回試みてやっとうまくいった。こんなものをパソコンにいれてなんになる? と思わなくもないが遊び半分もたまにはいいじゃありませんか。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-08-04 07:36 | ブログ