<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

田村隆一訳『我が秘密の生涯』(學藝書林)全11巻をネットで購入

 MacでもWindowsでもすぐに「古本通販カタログ」にアクセスしやすいようにしている。もう20年もまえになるだろうか。田村氏の訳でたしか富士見書房版文庫3冊(上・中・下)をむさぼり読んで驚いたことがある。
 つい最近まで學藝書林版の11巻があるとは古本通販カタログで検索するまで知らなかった。タクシーの乗客から貰うチップがたまったので思いきって全巻を注文した。2つの古本屋に第11巻と第1巻から第10巻までを頼んだのだがきのうそろった。
 まえにも弊ブログに書いたかもしれないが、この『我が秘密の生涯』をベースにわたしの「秘密の生涯」を書こうと思っている。どこからどこまでが本当か嘘か読む人(まだ人に読ませようとは考えていないが)にも勿論自分でもよく分からないようにして書いてみようとしている。あの今昔物語が「今は昔」ではじまるようにわたしの「秘密の生涯」は「昔男は映画監督だった」という書き出しで始めようかな。「むかし」ある男が映画監督だったととってもかまわないが昔男(「むかし男」)という名の主人公にしようかな。「秘密の生涯」だけに相手(わたしの場合はすべて女性。男はひとりもいない)がある。登場人物がかりに実在している女性だったりしてもその人に迷惑がぜったいかからないためにも「昔男」にするのがいいだろう。
 『我が秘密の生涯』は作者不詳。ベースにするにはもってこいだ。著作権侵害になることはない。訳された田村隆一氏にはもちろんじゅうぶんに敬意をはらう。
 そこで學藝書林版『我が秘密の生涯』の最終巻・第11巻のオビ(裏表紙の方)から以下に全文を引用させていただきます。
……神かけて云うが、本書は、性を売り物とするポルノグラフィでは断じてない。もし、これが単なるポルノグラフィなら、作者は全十一巻という気の遠くなるような言葉の浪費をするはずもなく、かくも不器用で、しばしば重複するような構成やストーリイを展開することは絶対にないはずだ。ここには、性と人間との深い関係が、作者の誠実で無私な態度によって、つまり無私の精神と無償の行為によって、あざやかにとらえられている。したがって、本書を真に享受できるのは、文明人だけだ、ぼくはそう断言してはばからない。事実、本書に寄せられた詩人、小説家、各分野の学者の言葉を想起してみれば、それだけで充分な証左となろう。〔田村隆一・あとがき〕
 以上です。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-10-19 20:40 | ブログ

『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯』(会田由訳、岩波文庫)を読む

 浦和駅東口のタクシープールで順番待ちをしているときに読みおわった。世界文学史上名高い、元祖ピカレスク・ロマン。
 第1話、第2話は笑いながら読んだ。わたしは筑豊炭田で生まれ育ったが、もし両親が医者でなく「タヌキ堀り」と称する非合法の盗掘炭坑夫の家に生れていたら間違いなく主人公の少年・ラーサロのように人生のスタートをきったかもしれない。思い上がりではなくそう思う。
 解説をふくめても125ページという薄い文庫なのでみなさんに是非一読をおすすめします。弊ブログを読んでくださっている方ならきっと楽しめることと存じます。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-10-19 20:27 | ブログ

Twitterをはじめようとしたが

 タクシー業務が非番の日なので休養できた。Twitterとかいうものをやろうとしたがやめた。わたしはTwitterをやるには歳をとりすぎた(61歳)。
 弊ブログにログインしてみたら訪問者数が(やっと)7万人をこえた。このブログさえちゃんと運営しきれていないのだから他のものに手をだしてもどうせ中途半端におわるだろう。このままいくしかありませんね。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-10-19 18:02 | ブログ

宮崎孝一訳のデフォー『ロクサーナ』(池田書店)から

 図書館に返却しないとならないので、わたしが興味深いと感じたはじめの部分(11ページ〜12ページ)を引用させていただこう。
……彼がハンサムな男で狩猟が好きだったとお話ししますと、もう外にはつけ加えることはありません。ですから、他の若い女性たちと同様に、私も、彼がハンサムで快活な男だからというだけで選んでしまったのは本当に不幸なことでした。他の点では頭が弱くて空っぽな、教養のない男で、どんな女性だっていっしょになりたいとは思わないような人間でした。ここで私は厚かましいことかもしれませんが、自分自身のその後の行ないのいけない点はさておいて、私の同胞、この国の若い婦人方に向かって老婆心までに申し上げます。もし、あなた方が将来の幸福について何らかの関心をお持ちなら、夫と仲よく暮らすつもりがおありなら、自分の財産を維持し、たとえ何かの不運に会っても、またそれを取り戻そうお望みなら、いいですか、決して馬鹿とだけは結婚してはいけません。どんな夫でも、馬鹿よりはましです。他の種類の夫を持っても不幸になることはありましょう。しかし、馬鹿を夫にしたら目も当てられません。くどいようですが、他の種類の夫を持っても不幸になることはありましょう。ところが馬鹿といっしょになったら不幸になること必定なのです。たとえその気になっても、馬鹿は相手を満足させることはできません。すること為すこと間が抜けていて、何を言っても中身がありません。ちょっとでも分別のある女性なら、うんざりするに決まっていますし、一日に二十回も胸がむかつく思いがすることでしょう。女性が、ハンサムで見た目の悪くない男を夫と呼んで人前に連れ出したのはいいものの、その男が何か言うたびに自分は顔を赤らめなければならないなんて、こんなつらいことはないでしょう。他の殿方は筋の通ったことをおっしゃるのに、自分の夫は何も言えないのです。馬鹿まるだしの顔つきで、さらに困ったことには、変てこなことを口にして、皆から笑いものにされるのを聞いていなければならないのです。
 次に申し上げたいことは、馬鹿にもずいぶん種類があるということです。数え切れないほどの変種があって、どれが一番質
(たち、ルビ)の悪い種類か見当がつかないほどです。ですから、私の申し上げたいことは、どういう種類の馬鹿も絶対に相手になさいますなということです。瘋癲(ふうてん、ルビ)馬鹿、まじめ馬鹿、利口馬鹿、阿呆馬鹿すべて願い下げです。とにかく馬鹿だけはお止めなさい。馬鹿といっしょになるくらいなら、どんな道でも、自然の最悪の呪いともいうべきオールド・ミスの道でもお選びになった方がましでございましょう。……
 引用が長くなってしまった。芸能界に限らず身近な夫婦がすぐに思い浮かぶ人も多いのではないだろうか。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-10-15 07:21 | ブログ

白土三平 決定版 カムイ伝全集【第1部】1〜3巻を読む

 松本清張『幕末の動乱』と並行してカムイ伝を読む。両者の視点は驚くほど近い。とっても似ている。甘やかされて育ったわたしには、逆立ちしても「知覚」できない。それを補うようにメルロ=ポンティ『知覚の現象学』1をむさぼってみたが、ないものねだりでしかないようだ。弱者からの見方はまねて身につくものではない。それでも頭のてっぺんをかすめるだけでもいいからカムイ伝もメルロ=ポンティの著作もこつこつ読み進めていこうと思う。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-10-13 20:03 | ブログ

松本清張『幕末の動乱』を読んだ(2日前)

 「幕末」というからには坂本龍馬などが出てくるのかと思っていたらそうではなかった。だががっかりはしなかった。その逆。少し興奮している。「あとがき」から引用する。
……歴史は一人の英雄、天才、あるいは狂人によってつくられるものではない。……歴史の流れの底深いところには重い底流がある。一口にいえば、それは隠れた庶民の力だ。それを私は書きたいとおもった。……私は、隠れた農民や庶民の息吹をバックグラウンドで流すことにしたつもりだ。そして最後に、幕府崩壊がどこから見ても必至だというところへ焦点をしぼってゆくことにした。そのへんを読みとっていただけたら幸せにおもう。政治的、軍事的な幕末のいわゆる「大動乱」は、こののちにはじまるが、それはここに書いた時代の集約だといえる。そこにいたるだいたいの趨勢はつかんでいただけるだろう。
 その通り。この前の文。
……あれもこれも涙をのんで割愛した……
 たとえば、間宮林蔵だ。……彼が幕府の隠密として、日本の近代化にどのようなマイナスの役割をしたかということは、あまり知られていない。それは戦前の教科書的歴史教育をうけた年配の人には、ある種のイメージをこわされてあまり愉快な話ではないかもしれないけれども、真実は語らなければならない。……(シーボルトが)スパイ容疑で長崎から追放されるいきさつは、隠密間宮林蔵もからんで、私としてはきわめて興味ぶかく、ぜひ書きたかったのだが、ついに紙数の関係ではたせなかった。たいへん心残りだ。……
 わたしは間宮林蔵が「幕府の隠密」とは知らなかった。林蔵とシーボルトはどのようにからんでいたのか、清張さんはどのように描いただろう。ほかにどこかで書いているのかいないのか。
 松本清張という人はやはりすごい人だったといまさらながらに思う。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-10-13 09:05 | ブログ

『知覚の現象学』を半分読んだ

 タクシー業務はきょうは休み。うたたねからさめると読書。眠くなるとすぐ本をおく。そのくりかえしで途中まで読み終わる。はやくもメルロ=ポンティの他の訳書も見てみたくなり『弁証法の冒険』と『行動の構造』を図書館に予約。
 メルロ=ポンティに詳しい人からみれば滑稽だろうが61歳になってやっとファンになろうかという者がここにひとりいる。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-10-01 16:48 | ブログ