<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

来島恒樹のこと

 ツイッターで「大隈重信の乗った馬車に爆弾を投げつけた人」と書いたが名前を思い出せなかったので人と記した。あさ飯を食ったら思い出した。福岡市にあった玄洋社社員・来島恒樹である。
 140字では誤解をまねくかも知れないので念を押したい。わたしはテロを奨励したくて書いたのではない、ということ。気にくわないからといっていま鳩山なり小沢を殺しても第2、第3のカメレオン総理や醜男幹事長が出てくるのは必定。むかしと違って人一人をやれば政治的な状況が変わるものでもない。(もし変化するなら、わたしは黙って自分ひとりで暗殺に向かうかも知れない。これは個人的に孤独に考えるべき問題。ぜったい口にすべきことではないのだ)
 福岡で映画塾なる愚行をやらかしているさいちゅう、心を洗いたくなって来島恒樹の墓参りをしたことがある。驚いたのはこのテロリストの墓がとても立派であったこと。しかもなんとあの頭山満の墓の横に同じくらいの大きさの墓石がたっているではないか。人権だけが一番、国民総白痴の現代では考えられない。
 明治時代におきた不平等条約改正(じつはさらに悪くなる「改正」と来島たちは受けとめたらしい)阻止の被害者・外務大臣大隈重信は加害者である来島を恨むどころか、そのテロ行為をすぐに許したようなことを聞いたことがある。
 数年前、大隈重信の爆弾で吹き飛ばされた脚が東大病院から佐賀に里帰りしたという記事を新聞で読んだ。ホルマリンか何かで瓶詰めされた脚を返されても困るだろうが佐賀市内の寺に保管されたようだ。わたしは『大隈重信の脚』というタイトルで映画が撮れないかとそれ以来思いつづけているのだが非力なためにいまだにシナリオにも書けないでいる。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-31 08:46 | ブログ

140字のツイッターとブログの使い分け

 数日前ツイッターをはじめた。書き込み欄の右上に「140」という数字があるのにおとつい気づいた。これがなかなかいい。書いていくにつれ139、138と減少していく。どうでもいいことでもまとまりをつけないとならないカセになってとてもいい。
 「フォローされ」なくてはじめは不安だったが「朝敵小沢」などと書き込む岐阜県の某氏などから弊ツイッターを読んでいただいたりしたようでブログとはまた違った味わいがある。
 140字以内で言えることはツイッターで、だらだら書き綴るのはブログで。ブログはうっかりすると「炎上」させられる危険があるがツイッターは「匿名」のエタどもに邪魔されないで済む。気分よく愚痴れる。ぼやける。「朝敵」などの過激な発言もできる。いいことずくめのようですよ、みなさん。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-31 07:16 | ブログ

ツシマヤマネコが捕獲された

 きょうの毎日新聞20面に「ツシマヤマネコ 数十年ぶり保護」という記事が載っている。おびえたような目をした上目遣いの写真はネット上で誰でも見られるだろう。野生なので「保護」と書いてあるのだが本人(? )にしてみれば迷惑至極なのではなかろうか。だからわたしは「捕獲された」としるした。それにしてもこのツシマヤマネコとうちの寅彦(右の写真はリボン。寅彦ではありません)はなんとなく似ていて野生でもわたしはとても可愛く感じる。
 記事を読むと「環境省の絶滅危惧種に指定されている」らしい。「国の天然記念物」でもあるそうな。不勉強で知らなかった。恥ずかしい。よく読むと衰弱しているので「回復を待ち、自然に戻すかなどを決める」とあるのでわたしがわざわざ「捕獲された」などと記すこともなかった。小賢しくて済みませんでした。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-30 06:07 | ブログ

わたしのtwitterをフォローしてください

 板村健氏の記事を読んでツイッターが分かったような気になったがまだ理解しきれていないようだ。少し分かるようになるまでは続けるしかないだろう。フォローしなくて覗くだけでもいいので是非アクセスしてみてください。
 http://twitter.com/hiroto_yokoyama
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-28 17:47 | ブログ

毎日新聞(夕刊)きょうの紙面から

 8面社会欄に愉快な記事がでている。題して「福トラえます」。通天閣で恒例の「干支(えと、ルビ)の引き継ぎ式」があったと報じたあとの関係者の談話を引用させていただく。
 「ウッシッシーと明るい世の中にしたかったのに、世界的な金融危機や新型インフルエンザの流行で、日本経済の足を引っ張り、モーしわけありません」
 「こんな不況、タイガーい(大概)にして。日本経済の再生にトライし、福をトラえます」
 同じ紙面(1面と9面)によれば民主党幹事長・醜男のあの小沢の金の誤魔化しぶりが少しずつ明らかになりつつあるようだがカメレオン(とくに奴のまぶたのあたりが爬虫類のようで似ていると思いませんか)・鳩山のことといい民主バカコンビの不正についてじれったい思いをしているのはわたしだけだろうか。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-28 17:23 | ブログ

http://twitter.com/hiroto_yokoyama

 ツイッターをはじめようとして前に見送ったことがある。きょう(12月27日)の毎日新聞2面「時代の風」で坂村健氏の『ツイッター』を読んで影響を受けやすいわたしはすぐに登録した。見出しにアドレスを書いたのでわたしの「つぶやき」というか「ぼやき」をどなたかフォローしていただけませんか。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-27 08:55 | ブログ

深作欣二監督のこと

 まえの記事にGT-Rと書いて深作監督のことを思い出した。監督は60歳をすぎて旧GT-Rに乗っておられたようだ。あるとき一時停止違反かなにかでお巡りさんにつかまった。お巡りさんは「おじさん、この車だれの車?」と聞いてきたそうな。歳くってGT-Rを運転しているので怪しんだのだろう。「おれのだよ」と答えるとつぎは「免許証」ときた。免許証を見せるとそのお巡りさん監督の名前を知っていたのだろう。「あ、あの『仁義なき戦い』の?」と聞いてきた。「そうだよ、それがどうかしたか」と声には出さず表情に表すと「失礼しました」と免許証をかえして違反キップも切られずにすんだらしい。「それにしてもGT-Rはクラッチが重たくてかなわん。やっぱり(運転していると)疲れる」と監督は愉快そうにわたしに話してくれたことがあった。亡くなってから何年になるだろう。
 ご子息の健太と奥様とはちょっとしたことが原因でいききがなくなってしまっているがわたしはいまでも時々深作監督の夢を見る。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-22 05:34 | ブログ

立花隆氏の猫ビルを見に行った

 きのう(12月21日)早朝、と言っても車の時計を見ると5時50分だったが、かねてから見てみたいと思っていた猫ビルを見に行った。わたしの家から30キロもない。探すのが難しいかと心配していたが道路が狭いと言うだけで一発で行き着けた。想像していた通りの大きさ(容積、と言えばいいのだろうか)。こんな家がほしい。無理とは分かっていながらほしいものはほしい。猫ビルに車庫はついていないようだがわたしの夢の建物には車を停めるスペースはぜったい欠かせない。出し入れのしやすい車庫と書斎を直結させる。車は日産のGT-R。道の混んでいない時を見計らってひとりでロケハンをする。家にもどったらベッドで本を読む。眠くなったら寝る。目が覚めたら机にむかって6Bか10Bの濃い鉛筆をなめなめシナリオを書く。
 別に猫ビルみたいな家をもっていなくてもシナリオはいつでもどこでも書ける。が、わたしは死ぬまで猫ビルにあこがれつづけるだろう。こんどは車ではなく地下鉄で行って猫ビル周辺を散歩しよう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-22 05:17 | ブログ

わたしに欠けているもの

 タクシー運転手を丸5年やって得るものがあったのだろうか。バードタクシー(仮名)にこの15日に通達してからわたしはよく夢を見る。けさ目覚めてあらためて61年(もうすぐ62年)の人生を振り返ってみた。もっとも欠落していたものは「他人を許す」という寛容の精神なのではないか。
 頭では分かっていても行動に表せない。もしわたしが人に対してもう少し心をひろくもって接していたなら応援してくれたりついてくる人は相当数いたかも知れない。還暦を過ぎてこんなことを言っても仕方がないが余命あるかぎり日々忘れてはならない心がけのようである。
 さっそく渡辺一夫著『寛容について』を検索してみると図書館にはもちろんある。頭のてっぺんで理解しても意味はないことはじゅうぶん承知しながら一度手にしてみよう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-20 07:56 | ブログ

Levi-Strauss! The pants or the books?

 毎日新聞きょう(2009年12月20日)の9面。「今週の本棚」『この人・この本』今回はクロード・レヴィ=ストロース(選んだのは青木保氏)。この囲み記事中に
……(レヴィ=ストロースが)レストランで食事をしようとしたが、予約を取っていなかった。客の行列に加わると、ボーイが番がきたら呼びますといって名前を訊(き、ルビ)かれた。名前を言うと、とっさにボーイがこう訊いた。
The pants or the books!「ズボンのほうの方、それとも本のほうの方」。

大先生のお名前はLevi-Strauss。ブルージーンズで有名な名前である(リーバイ・ストラウス)
 知らなかったなぁ。レヴィ=ストロースとジーンズが同じスペルだとは。
 青木氏おすすめの3冊の中から『遠近の回想』を図書館に予約した。白状するとわたしは不勉強でレヴィ=ストロースの名前だけ知っていて本は1冊も読んだことがない。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2009-12-20 06:47 | ブログ