<   2010年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

田草川弘『黒澤明vs.ハリウッド 『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて』(文春文庫)をいっきに読んだ

 この本のことは4年前に単行本が刊行されたときから知っていた。著者には申し訳ないがタイトルがなんだかキワモノっぽくて手に取ることもしなかった。しかし書いた人が田草川(たそがわ)さんという映画評論家でない方というのが気にはなっていた。映画評論家は監督になろうとしてなることが出来なかった人間が多いことから評論家をわたしはおおむね信用しないのだ。
 先月、文庫になったらしく書店で手にしてすぐ買った。いっきに読み終わる。付箋紙を貼りまくっている。わたしの知らないことがたくさん書いてある。どんな本か田草川さんの「文庫版のためのあとがき」から引用する。
 一九六八年十二月に起こった『トラ・トラ・トラ!』黒澤明監督解任事件。
 クロサワが生涯最大の屈辱を受けたあの事件は何だったのか? 何故起こったのか? そして、夢幻と消えたクロサワの真珠湾物語は、我々に何を語りかけようとしたのか?

 映画評論家ではない著者はアメリカに取材して第一次資料を渉猟して書いている。それだけに圧倒的に読む者に迫ってくる。わたしは今読み終わって言葉がでない。
 表紙カバーに本作『黒澤明vs.ハリウッド』で、ノンフィクション作家として史上初の4冠受賞を達成した。とあるのははじめ何のことかと思った。著者自身びっくりなさったようで「文庫版のためのあとがき」に書いている。
 異例といわれた四賞受賞は、第二十八回講談社ノンフィクション賞、第三十三回大佛次郎賞、第五十七回芸術選奨文部科学大臣賞、第三十八回大宅壮一ノンフィクション賞の順。この他、キネマ旬報社の映画本大賞二〇〇六でベストワンに選出された。
 映画評論家には書けないものだというのは読んでいて分かったがこんなに賞を貰った本とはまったく知らなかった。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-04-30 10:55 | 映画

番外・我が家の性教育

 わたしには2人の息子がある。上がもうすぐ28歳。下は24歳になったばかり。
 割礼という宗教儀礼・通過儀礼があるのをご存じだろうか。この儀礼は日本にない。言葉の意味は広辞苑に「陰茎包皮を環状に切りとる風習」とある。
 わたしは両親が医者。石炭から石油へとエネルギー政策が大きく転換したころの筑豊炭田で、しかも売春防止法施行以前に小学校に入学したというたいへん恵まれた環境でそだった。
 割礼に話を戻すと息子2人にはまさか泌尿器科につれて行き手術をするわけにもいかず、幼少の頃から性器の皮はむいておくようにしつけた。これが性教育の最重要事項。
 我が家に娘がいたら何を教えたか。やはり幼少のころから陰部の洗い方を指導したに違いない。ものの本によると局部を洗うのは淫売婦だけという誤った観念が江戸時代から蔓延しふつうの家庭では母親が娘に教えない、と読んだことがある。洗うことを教わっていない日本の娘たちは性器臭をまき散らしてはた迷惑この上もない。実態はいまも変わっていないはず。
 ものごころつき始める頃、息子たちには性交はこの上もなく気持のいいことだとわたしは教えた。あまりの快感にこれに流されないことが人生の要諦である、とさとしたりなどした。
 わたしは性教育に必要なことは以上2点だと思っている。他にあまり多くのことを幼い頭に詰め込もうとしない方がいいというのが持論である。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-04-26 05:36 | ブログ

ポール・マザースキー監督『ハリーとトント』をはじめて見た

 数日前からこの映画が気になって仕方がなかった。作品名と監督は知っていたのだが老人と犬だったか猫だったか。記憶違いかも知れないが、わたしに「あれはいい映画だった」と教えてくれたのは深作欣二監督ではなかったか。昨日、近所のレンタルショップにあるかないか、犬か猫かを見に行った。するとDVDに猫と老人が写っている。こりゃいいわ、と今朝のオープンを待って借りてきた。
 なんの予備知識もなく今見終わって、いい気持が続いている。主演のアート・カーニーはこの映画でアカデミー主演男優賞をとっている(これもネットで今知った)。ハリーは老人の名。トントは猫だがテレビ映画『ローンレンジャー』の登場人物の名前らしい(劇中、ハリーが言っていた)。「キモサベ! 」と言いながら主人公のそばに寄ってくるインディアンのことだったろうか(これも不確か)。
 ニューヨークで暮らしているハリーが区画整理でアパートを追い出され、ニュージャージー(? )かどこかの息子の家に行く。長男の妻とうまくいかずシカゴに娘を訪ねる。そのあと次男にも会いに行くのだが結局、西海岸にトントを連れてひとりでたどり着く。老人と猫のアメリカ横断ロード・ムービー。
 肩に力がまったくはいっていないピッチャーの投げる球のよう。手もとでグッと伸びる。こう書きながらまだ余韻にひたっている。わたしには逆立ちしても撮れない映画。見てとても得をした。
 前半は飼い猫の長女・さくらが膝にのっていた。見終わったら次女のリボンがそばで寝ている。そう言えばトントは、無意識に雄と思って見ていたが、気にしなかったけれど雄猫なのだろうな(うちの雄猫は写真に写っている寅彦)。
 1974年の映画なので、いまさらだが、猫が好きな映画ファン必見。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-04-23 15:33 | 映画

有馬稲子と市川崑

 「週刊新潮」4/29号を立ち読みしてきた。日本経済新聞にいま連載中の「私の履歴書」がネタ。
 新聞広告に小さく「有馬稲子」が暴露した「市川崑」との修羅とあるのが気になった。わたしは有馬稲子のファンなので記事を読んで切なくなった。彼女の映画では『夜の鼓』が思い出される。
 この映画は原作近松門左衛門『堀川波の鼓』、監督今井正。わたしは有馬稲子の映画ではこの作品がいちばん好きだ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-04-22 12:35 | 映画

週刊文春はきょう発売です

 同誌4月22日号、右柱はいつもの通りカメレオン鳩ポッポのこと。
××にアメリカが音を上げた/バカが専用機でやって来ただって。おかしいですね。といって購読する気にはならない。
 週刊新潮同月同日号の右柱。
短期集中連載「亡国の小沢一郎」/反旗を翻した元筆頭秘書の証言第1回/「小沢一郎が/倒れた朝」
 朝日新聞阪神支局襲撃事件についての4、5回の誤報できちんと過ちを認め謝る姿勢があれば買って読む気にもなっただろうが週刊新潮と名前を聞いただけで嫌気がさす。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-04-15 09:06 | ブログ

いじましいタクシー運転手が増えている

 スポーツニッポン18面に「客の取り合いで/タクシー運転手/相手を引きずる」というベタ記事が載っている。頭に大阪と囲んで本文。
 タクシー客の取り合いをめぐって口論になった別の運転手を約30㍍ひきずってケガをさせたとして、……タクシー運転手大久保恵右容疑者(59)を逮捕した。逮捕容疑は14日……国道で、運転席側の窓にしがみついた西成区の男性運転手(57)を……引きずって転倒させ、2週間のケガをさせた疑い。……大久保容疑者が男性の車の前に割り込んで客を乗車させたため……
 この記事のとおりだとすれば大久保某が一方的に悪いに決まっている。「いじましい」を広辞苑で見ると「意地きたなくせせこましい。しみったれている。こせこせしていて、かわいそうになる」とある。タクシーの台数が増え乗客は減り続けている。「こせこせして、かわいそうになる」運ちゃんは今後も右肩上がりで増加していくに違いない。馬鹿になりきらないとやっていられない賤業です。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-04-15 08:43 | ブログ

記事数1001

 このブログを始めたのは2004年7月13日。きょうは2102日目らしい(ネットで探して計算した)。記事数1000を区切れとして閉鎖するはずだったがhatenaだけにするのは不安が残る。このexciteにも不満はあるがなじんでいる安心感もある。hatenaはローマ数字さえ文字化けしてしまうし文章に勝手に段落をつける。行間もひとりでに開いたりして余計なお世話と言いたくなる。
 そんな訳でexciteとhatenaの両方にこれからも同じものを載せることにする。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-04-15 08:23 | ブログ

フィルムセンターの思い出

 わたしが京橋のフィルムセンターにはじめて足を運んだのは昭和41年(1966年)の2月だったと記憶している。わたしは身の程知らずにも東大の文Ⅲを受験(この受験については出身校で物議をかもしたが他で書く)。振り返ってみると受験で上京すると言うよりもフィルムセンターに行きたいという思いの方が強かったのではないか。
 見た映画は市川崑監督『黒い十人の女』だった(同監督『私は二歳』が翌日の上映? )。
 きのうフィルムセンターで2本見た。同日に2本見るというのは何年ぶりだろう。映画は大岡昇平原作、川島雄三監督、池内淳子主演『花影(かえい)』と吉行淳之介原作、中平康監督、仲谷昇主演『砂の上の植物群』。貰ったチラシを見ると前者は1961年(昭和36年)後者は1964年(昭和39年)の製作。すると『花影』を封切りで見たとすればわたしは13歳。中学2年生。ませていたとは言えちょっと考えられない。というのは昨晩見てディテールはともかくつい最近見た映画のようによく覚えている。封切りで見たとばかり思っていたが再上映が初見だったのかも知れない。
 それでフィルムセンターに話を戻すと足繁く通ったのは1970年(昭和45年)映画監督になろうと決意して上京した年と翌昭和46年、5浪ののち日本大学芸術学部映画学科監督コースに入学した年である。ほとんど毎日と言っていいくらい通った。見た映画はこまかく手帳に書き留めていたのだがその手帳を紛失した。100本か200本かもっとか。溝口健二特集、田中絹代特集、ドイツ表現主義特集(違う名称だったかも)ともかく見まくった。
 これからもたぶん命ある限り通うだろうがフィルムセンターの観客の年齢層がむかしに較べて相当あがった。ゲートボール会場に紛れ込んだのではないかと錯覚を起こすほどジジ、ババばっかり。わたしは死んでもゲートボールをやる気はしないがフィルムセンターがいまや老人クラブになりはてたかと思うと情けなくなる。映画の、いや日本の将来を憂う。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-04-14 06:46 | 映画

「知られちゃならない二人の仲を、だれかにそっと教えたい」

 タイトルは松本清張『喪失の儀礼』(新潮文庫)246ページからの孫引きである。小説のなかに時々作者が顔を出すことがある。清張も登場人物のひとり警視庁の刑事・須田に生のままの自分を投影させているようだ。そこの件(くだり)を引用する。
……人間の特殊意識は隠そうとする一方、何かでそれを語りたいという気持に駆られている。須田(上記の刑事)は高校のとき、英文学好きの英語の先生からエドガー・アラン・ポウの「テル・テル・ハート」(告げ口心臓)という短篇の話を聞き、人間は意志に逆行して秘密をしゃべりたい衝動に駆られるものだと講釈された。その解説として、日本にも、「知られちゃならない二人の仲を、だれかにそっと教えたい」という恋愛の機微をついた俗謡があるとも聞いた。……
 清張さんはNHKのインタビューで自分は女を知らないので云々と発言しているがわたしの憶測では素人女は確かにあまり知らないだろうが売春防止法施行以前には相当商売女と遊んでいらっしゃったとお見受けする。読んでいると人に聞いた話みたいな顔で書いていても「おぬしやるのぉ! 」と驚くほど女性を研究しているのが分かる。
 清張以前には推理小説を読む女性読者はほとんどいなかったらしい。清張が『愛と空白の共謀』という小説を「女性自身」に書き出したあたりからだんだん女性も推理小説に親しみ始めたと何かに書いてあった。清張さんが多くの女性読者を獲得できたのは「おぬしやるのぉ! 」と感じさせるくらい女の気持を分かっているからなのだ。別に相手が素人でなくても女性は女性。松本清張の勉強相手はじつは商売女であったのだ(こんなこと書くとご遺族の方からきっとお叱りを受けるだろうな)。
 話を戻すと仕事場の写真あるいは執筆中の清張の写真はファンなら誰でも見たことがあるはずだ。そのすみに「POE」と白ヌキの表紙が写っている。いわずと知れた「エドガー・アラン・ポウ全集」である。わたしは「テル・テル・ハート」を読んでみようと図書館に全集3を予約したところだ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-04-13 07:40 | ブログ

与謝野晶子「ああ皐月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟われも雛罌粟」

 見出しに書いた与謝野晶子の歌をわたしはどのようにして知ったのだろう。親には医学部に行くと言い5浪もしてしまったわたしは福岡市にある英数学館に2年間通った。通ったというのは正確でない。春先にちょっと顔をだしただけで後は映画を見たり天神でナンパしたり「医者になろうかそれとも映画監督か」と内心では悩みに悩んでいた。
 そんなある日福岡大学に入学したての友人に頼んでフランス文学で有名な大塚幸男名誉教授の授業にもぐり込んだ。マンモス教室で大塚教授がマイク片手に与謝野晶子の上記の歌をなんべんもなんべんもくちずさまれた。「君もコクリコ、われもコクリコ」与謝野鉄幹晶子の出会いを情熱的に語られたので強く印象に残ってわたしのなかにある。
 ツイッターで遊んでいたらこんな事を思い出したので秘密の自伝のためのメモとして書き記すのであります。
 ああ皐月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟(こくりこ)われも雛罌粟(こくりこ)
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-04-12 07:40 | ブログ