<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

角田房子『閔妃暗殺』について

 わたしがこの本の存在を知ったのは20年以上前だ。当時、日本映画学校の講師をしていた関係で留学生・李君に誘われて韓国を旅行した。李君に韓国で最大の映画会社(名前は忘れた)の会長という人を紹介された。その人から持ち出されたのが日本で刊行されたばかりの『閔妃暗殺』だった。閔妃(ミンビ)というのは「朝鮮王朝末期の国母」。日韓併合以前、「日本政府関係者らによって殺害された」。暗殺された翌日のニューヨークタイムズは1面でこの事件を扱っている(マイクロフィルムで確認済み)。わたしは映画会社の会長に閔妃が殺された場所に連れて行かれた。わたしは日本人として手を合わせるしかなかった。会長は「日本の方はみなさん、そう(合掌)なさいますよ」と微笑を浮かべながら言った。「どうです? あなたが監督して映画にしませんか!」
 この会長は実行力のある方で、すぐ東映にかけあったらしい(伝聞。わたしが自ら動いたわけではない)。結果は「けんもほろろ」。その後、今村昌平監督のもとに打診があったと脚本家の某氏から聞いた。
 わたしは力もないくせに未だにこの『閔妃暗殺』の映画化に未練がある。ただ、どこから手をつけていいのか皆目見当がつかない。
 ワールドカップで愚かな日本のサポーターがカメルーン戦に1勝したくらいで喜んでいる姿を見て、彼らのうち何人が閔妃暗殺の事実を知っているだろうかとわたしは密かに切歯扼腕している。日本対韓国戦まで行くか行かないかをわたしは知らない。しかし仮に韓国と戦うことになっても苦戦することは間違いない。なぜなら韓国も北朝鮮も朝鮮半島に住む人々は「国母が日本人に殺された」という事実は皆知っている。知らないのは暢気な日本選手とそのサポーターばかりなのだ。これでは勝負にならない。日本のマスゴミは、なぜ、韓国が、北朝鮮が日本に対してかくまでコンペティティブになるのかの訳を報じようとしないのか。不勉強だからだろうか。それとも知っていても恐ろしくて頬被りをしてしまうのだろうか。謎である。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-06-16 05:59 | ブログ

拉致問題と沖縄、ついでにワールドカップ

 カメルーン戦に勝ったくらいで浮かれている民衆を見ていると、わたしにはこの国の将来が思いやられる。民度が低い、と呆れざるを得ない。
 どういうことかと言えば、北朝鮮に拉致された人々がいるのに日本という国は本気で、取り戻そうという気はあるのか。人ひとりでも拉致されると、軍隊を動かしてでもその人を取り返しに行くというのがわたしには普通の国と思えるのだが、日本および多くの日本人にはその気があるとは思えない。
 沖縄問題。米軍の基地が75パーセントも沖縄県に集まっていると言うではないか。原則を言えば日米安全保障条約を破棄して日本は自主防衛の国に生まれ変わるというのが筋である。その上で国内のどことどこに基地を置くという国民的な議論をすべきときがもうとっくに来ているのに、あいもかわらず、沖縄をトカゲのしっぽにしたままで平気という国は世界中で日本だけではないのか。民度が低いという所以である。
 本物の軍隊を持ち、直近で戦争を経験している国もワールドカップに参戦しているだろう。こういった国々に、日本が勝てるわけがない。サッカーはたしかにゲームである。しかし、生死をかけて闘ってきた連中と、しょせんはゲーム、死ぬことはありえない、と遊び半分で試合に臨んでいる選手たちとではとても勝負にはならないはずだ。わたしは好戦的な人間ではない。しかし、国民が拉致されても手を拱いている国にいてとても恥ずかしいと思う。沖縄を太平洋戦争の終末期から、尻尾あつかいして切り離してきた国は世界中のどこを探しても恐らく日本だけである。このことに恥辱を感じない惚けきった国民は日本国民だけに違いない。
 そんなジャパニーズがワールドカップでたった1度勝ったぐらいで浮かれている。ちゃんちゃらおかしいとはこのことを言うのだ。早晩、ぼろくそに負ける日がくる。つまらない涙を流して悔しがれ! 馬鹿者どもよ。いまや日本は愚か者の船と言わざるを得ない。こんな国は沈んで行くしかないのである。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-06-16 04:17 | ブログ

菊池寛『明治の兄弟』

 松本清張『現代官僚論』を読み始めたら、すぐに『明治の兄弟』のことが出てきた。そうなると、この菊池寛の短篇を読まずには進めない。
 『明治の兄弟』は熊本県出身の桜田誠一郎、欽次郎兄弟の話。不勉強のわたしはこの兄弟が実在していたかどうかも知らない。登場人物のひとり・佐々友房の台詞「君達兄弟は、朝野に分れて、いつも喧嘩しとるのう。しかし、そこに、日本の進歩があるんぢや、大(おおい、ルビ)に兄弟喧嘩をやれ、はあ、はあ!」
 読後は爽やか。読んでよかった。清張さんはどういうつもりで、この小説に言及したのか。『現代官僚論』に戻らないとそれはわからない。急いで同作を図書館に予約しよう。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-06-13 20:10 | ブログ

川西政明『新・日本文壇史』第一巻 漱石の死(岩波書店)を読んで勉強中

 谷崎潤一郎がその妻・千代を佐藤春夫に譲ったという事件はあまりにも有名である。同書220ページからおしまいの5行を引用する。
 こうして大正文壇を騒がせた世紀の細君譲渡事件は幕を引いた。
 芦屋市の谷崎潤一郎記念館にある挨拶状の実物を目にすると、潤一郎、千代、春夫の名前が並んでいるのだけれど、千代の名前がかすかながら春夫のほうに寄りかかっている。この挨拶状は谷崎が書いたものだが、千代の名前を春夫に寄りかからせるように書いたところに谷崎のほっとした気持が現れているのかもしれない。

 芦屋市に谷崎潤一郎記念館なるものがあることをわたしは知らなかった。そこに谷崎の書いた挨拶状があることも。ぜひ、一度行って見たいものだ。
 最終章(第7章 文壇から消えた相馬泰三)を読むまでは「芥川龍之介につぐ若手と期待され」「高見順などが、大正時代の作家では相馬泰三などが一番作家らしい作家であったと述懐してい」た「相馬泰三」という作家がいたことも知らなかった。巻末(254ページ)の2行。
 その晩年、相馬泰三は加太こうじとともに紙芝居の世界に生き、昭和二十七年五月十五日にひっそりと亡くなった。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2010-06-07 08:07 | ブログ