NHKアーカイブス『氷雨』(松本清張、西川清之共作)を見た

 7月23日だったと思う。暑い中を横浜・黄金町まで、あとでけったくそ悪い思いをさせられた女が撮ったビデオを見に行った。以来80日近い間があいたが、久しぶりに映像を見た。
 DVDのパッケージに[注]として興味深いことが記してある。まんま引用する。
このドラマは松本清張の短編小説「氷雨」(昭和33年)とは異なるオリジナル脚本との説もあります。脚本共作者・西川清之氏も既に他界しているため、現在では解明する術がありません。ご了承ください。
 たしかに同名の短編とは登場人物の名前くらいは同じ(未確認)かも知れないが内容はまったく異なる。前半は夫の西村晃が自殺するまで後半は淡島千景の未亡人が夫の復讐をとげるまで、という具合で面白い構成になっている。
 この作品は昭和34年(1959年)にNHKでオンエアされているようだが、丁寧に撮られているためもあって当時を知るものにはノスタルジーを感じさせる。清張ファンならずとも一見にあたいする。
[PR]
# by hiroto_yokoyama | 2010-10-09 17:35 | ブログ

ブログどころではなかった

 家族と話し合って7月から浦和駅の近くに部屋を借りた。春先にうつ病の薬を減らした反動だろうか、夏は寝たきり老人のようだった。8月末妻の母が亡くなったりなどしてわたしの生活環境は激変した。
 きょうやっと本棚を運び込み死ぬまでに必ず読んでしまいたい本だけを置くというルールを作り、自伝、シナリオ、短編小説の執筆に明け暮れようと考えている。その合間にブログを書く。ついでに1度やめたツイッターも再開することにした。
 わたしの拙い文に今後もおつきあいいただければ幸甚です。
[PR]
# by hiroto_yokoyama | 2010-09-21 20:56 | ブログ

田宮虎彦『寛永主従記』を読んだ

 作者・田宮虎彦の名前は『絵本』『足摺岬』などで知っていた。知っているだけで作品を読んだことはなかった。この『寛永主従記』を図書館から借りたときから読み惜しみをしながら読み進めた。興味深くて急いで読み終わるのがもったいない気がしたのだ。
 巻末の萩原得司氏の「解題」からいくつか引用させていただく。まず評言。
 河上徹太郎氏の「玄人の純真さ」、三島由紀夫氏の「小説家としての持ち前を持って居ながら詩人の心を持っている人」、滝井孝作氏の「これらの歴史小説には性根のある人物が出てくるので私は好きです」、大岡昇平氏は「歴史文学論」で、状況設定・人物心理の「造型に殆ど完全に成功している」と述べ、城山三郎氏は「人生に真正面から取組もうとする誠実さを押し貫いた末に、広々とした歴史の世界の中に、その鮮かな花を咲かせた」と森鷗外氏以来の硬質の歴史小説のよみがえりを見ている。
 田宮虎彦自身の言葉2つを引用。
 歴史小説を書くものは、歴史の中の人物が行為したところとしてかならず封建思想、封建制度、封建道徳と対決せねばならぬ。それを作品の世界でどのように解決するかが、作品を決定する重大な要素になることも、もちろん、いうまでもない。しかも、作家が生きている現実をふんまえて、それがなされねばならぬのである。
 もうひとつ。
 私は、人間の幸福をまもりぬきたいと思ふ。すべての人間の幸福をである。限られたごく少数の人の幸福のために、多数の人々の幸福をうばはうとする人があつたら私は、自分の幸福を賭してもたゝかひたいと思ふ。
 今の政治屋どもの多くについて言っているようにわたしには聞こえて仕方がない。
[PR]
# by hiroto_yokoyama | 2010-07-07 08:45 | ブログ

北野武監督『その男、凶暴につき』を見た

 この映画は、わたしの記憶に間違いがなければだが、初め深作欣二監督がお撮りになるはずだった。深作監督は自分の企画のことはほとんど話されなかった。かりにご存命であってもご本人から経緯を聞けたとは思えない。
 北野監督『アウトレイジ』を見たいと思った。「そりゃ順番がちがう。やはり、『その男…』を見てからではないか」と思い直した。この映画にはわたしの映画にかかわったスタッフが2人ついている。チーフ助監督とカメラマンだ。2人とも現在、行き来があるわけではないので多くを語る気はない。少しだけ言えば、北野監督はたいへん義理堅い人らしく、助監督に1本監督させた。わたしは新聞発表でそれを知ったときビートたけしは偉い奴だとおもった。もうひとつ。カメラマンにはこの作品以後も何本も撮らせた。これにも驚いた。初監督するときに最も世話になるのがカメラマンとチーフ助監督(もちろん全スタッフのバックアップあってのデビュー作だが)。カメラマンを辛抱強く使い続けたのには驚愕した。我慢強い人なのだ。わたしに比べて(比較すること自体が北野監督に失礼だが)苦労の仕方が違うのだ。わたしは温室育ちのもやしだ。ビートたけしは、わたしが尊敬する数少ない映画人のひとりだ。なるべくはやく『アウトレイジ』を見に行こうとおもう。
 最後に北野監督が先週だかテレビのインタビューで『その男、凶暴につき』に触れていた。「(はじめて監督した映画なので)カットじりが甘かったりして恥ずかしい」と言っていた。これは監督のせいではない。カメラマンの技量だ。プロが見たら誰でも分かる。北野武監督もさすがに何本目かにカメラマンを他の人に変えたことに気づいた映画ファンはあまりいないのではないだろうか。(カメラマン交代が遅きに失したとわたしは断言する)
[PR]
# by hiroto_yokoyama | 2010-07-03 09:29 | 映画

角田房子『閔妃暗殺』について

 わたしがこの本の存在を知ったのは20年以上前だ。当時、日本映画学校の講師をしていた関係で留学生・李君に誘われて韓国を旅行した。李君に韓国で最大の映画会社(名前は忘れた)の会長という人を紹介された。その人から持ち出されたのが日本で刊行されたばかりの『閔妃暗殺』だった。閔妃(ミンビ)というのは「朝鮮王朝末期の国母」。日韓併合以前、「日本政府関係者らによって殺害された」。暗殺された翌日のニューヨークタイムズは1面でこの事件を扱っている(マイクロフィルムで確認済み)。わたしは映画会社の会長に閔妃が殺された場所に連れて行かれた。わたしは日本人として手を合わせるしかなかった。会長は「日本の方はみなさん、そう(合掌)なさいますよ」と微笑を浮かべながら言った。「どうです? あなたが監督して映画にしませんか!」
 この会長は実行力のある方で、すぐ東映にかけあったらしい(伝聞。わたしが自ら動いたわけではない)。結果は「けんもほろろ」。その後、今村昌平監督のもとに打診があったと脚本家の某氏から聞いた。
 わたしは力もないくせに未だにこの『閔妃暗殺』の映画化に未練がある。ただ、どこから手をつけていいのか皆目見当がつかない。
 ワールドカップで愚かな日本のサポーターがカメルーン戦に1勝したくらいで喜んでいる姿を見て、彼らのうち何人が閔妃暗殺の事実を知っているだろうかとわたしは密かに切歯扼腕している。日本対韓国戦まで行くか行かないかをわたしは知らない。しかし仮に韓国と戦うことになっても苦戦することは間違いない。なぜなら韓国も北朝鮮も朝鮮半島に住む人々は「国母が日本人に殺された」という事実は皆知っている。知らないのは暢気な日本選手とそのサポーターばかりなのだ。これでは勝負にならない。日本のマスゴミは、なぜ、韓国が、北朝鮮が日本に対してかくまでコンペティティブになるのかの訳を報じようとしないのか。不勉強だからだろうか。それとも知っていても恐ろしくて頬被りをしてしまうのだろうか。謎である。
[PR]
# by hiroto_yokoyama | 2010-06-16 05:59 | ブログ

拉致問題と沖縄、ついでにワールドカップ

 カメルーン戦に勝ったくらいで浮かれている民衆を見ていると、わたしにはこの国の将来が思いやられる。民度が低い、と呆れざるを得ない。
 どういうことかと言えば、北朝鮮に拉致された人々がいるのに日本という国は本気で、取り戻そうという気はあるのか。人ひとりでも拉致されると、軍隊を動かしてでもその人を取り返しに行くというのがわたしには普通の国と思えるのだが、日本および多くの日本人にはその気があるとは思えない。
 沖縄問題。米軍の基地が75パーセントも沖縄県に集まっていると言うではないか。原則を言えば日米安全保障条約を破棄して日本は自主防衛の国に生まれ変わるというのが筋である。その上で国内のどことどこに基地を置くという国民的な議論をすべきときがもうとっくに来ているのに、あいもかわらず、沖縄をトカゲのしっぽにしたままで平気という国は世界中で日本だけではないのか。民度が低いという所以である。
 本物の軍隊を持ち、直近で戦争を経験している国もワールドカップに参戦しているだろう。こういった国々に、日本が勝てるわけがない。サッカーはたしかにゲームである。しかし、生死をかけて闘ってきた連中と、しょせんはゲーム、死ぬことはありえない、と遊び半分で試合に臨んでいる選手たちとではとても勝負にはならないはずだ。わたしは好戦的な人間ではない。しかし、国民が拉致されても手を拱いている国にいてとても恥ずかしいと思う。沖縄を太平洋戦争の終末期から、尻尾あつかいして切り離してきた国は世界中のどこを探しても恐らく日本だけである。このことに恥辱を感じない惚けきった国民は日本国民だけに違いない。
 そんなジャパニーズがワールドカップでたった1度勝ったぐらいで浮かれている。ちゃんちゃらおかしいとはこのことを言うのだ。早晩、ぼろくそに負ける日がくる。つまらない涙を流して悔しがれ! 馬鹿者どもよ。いまや日本は愚か者の船と言わざるを得ない。こんな国は沈んで行くしかないのである。
[PR]
# by hiroto_yokoyama | 2010-06-16 04:17 | ブログ

菊池寛『明治の兄弟』

 松本清張『現代官僚論』を読み始めたら、すぐに『明治の兄弟』のことが出てきた。そうなると、この菊池寛の短篇を読まずには進めない。
 『明治の兄弟』は熊本県出身の桜田誠一郎、欽次郎兄弟の話。不勉強のわたしはこの兄弟が実在していたかどうかも知らない。登場人物のひとり・佐々友房の台詞「君達兄弟は、朝野に分れて、いつも喧嘩しとるのう。しかし、そこに、日本の進歩があるんぢや、大(おおい、ルビ)に兄弟喧嘩をやれ、はあ、はあ!」
 読後は爽やか。読んでよかった。清張さんはどういうつもりで、この小説に言及したのか。『現代官僚論』に戻らないとそれはわからない。急いで同作を図書館に予約しよう。
[PR]
# by hiroto_yokoyama | 2010-06-13 20:10 | ブログ

川西政明『新・日本文壇史』第一巻 漱石の死(岩波書店)を読んで勉強中

 谷崎潤一郎がその妻・千代を佐藤春夫に譲ったという事件はあまりにも有名である。同書220ページからおしまいの5行を引用する。
 こうして大正文壇を騒がせた世紀の細君譲渡事件は幕を引いた。
 芦屋市の谷崎潤一郎記念館にある挨拶状の実物を目にすると、潤一郎、千代、春夫の名前が並んでいるのだけれど、千代の名前がかすかながら春夫のほうに寄りかかっている。この挨拶状は谷崎が書いたものだが、千代の名前を春夫に寄りかからせるように書いたところに谷崎のほっとした気持が現れているのかもしれない。

 芦屋市に谷崎潤一郎記念館なるものがあることをわたしは知らなかった。そこに谷崎の書いた挨拶状があることも。ぜひ、一度行って見たいものだ。
 最終章(第7章 文壇から消えた相馬泰三)を読むまでは「芥川龍之介につぐ若手と期待され」「高見順などが、大正時代の作家では相馬泰三などが一番作家らしい作家であったと述懐してい」た「相馬泰三」という作家がいたことも知らなかった。巻末(254ページ)の2行。
 その晩年、相馬泰三は加太こうじとともに紙芝居の世界に生き、昭和二十七年五月十五日にひっそりと亡くなった。
[PR]
# by hiroto_yokoyama | 2010-06-07 08:07 | ブログ

有馬頼義『聖夜の欲情』これもいい小説だ

「好きだとか、きらいだとか、嫉妬(やい、ルビ)たとか、結婚したいとか、一緒に暮したいとか、その人の妻、その人の良人と呼ばれたいとかいうことを、精神的な問題と考えましょう。男と女の間には、もう一つの世界がありますの。それは欲望です」
「欲望……」
「お嬢さまが、きれいなお花をごらんになる。美しい、と感じるのは、精神的なものです。でも、それだけじゃないでしょう。その花を折りたいとか、花びらにさわりたいとか、という気持がありますわ。それが欲望なんです」
「触りたい──忘れてしまったわ。あたしはもう十何年も、ものにさわったことはないわ」
 どうです? ちょっと読んでみたいと思いませんか。わたしは読み終わってからずっと、こんなものを映画にしてみたいと感慨にふけっております。
[PR]
# by hiroto_yokoyama | 2010-05-31 11:28 | ブログ

菊池寛『籐十郎の恋』はいい小説だ

 この本は劣情をそそるようには書かれていない。しかし、妖しい気分にはなる。
 坂田籐十郎が近松門左衛門『大経師昔暦』(溝口健二監督『近松物語』の原作)の初日を迎える直前に「芸の苦心に肝胆を砕」く話。「茶屋宗清の大広間で、万太夫座の弥生狂言の顔つなぎの宴がひらかれてい」る。
 籐十郎は「何げないふうに酒杯を重ねてはいたものの、心のうちには、かなりはげしい芸術的な苦悶が、渦巻いている」。『大経師昔暦』は、「京の人々の、記憶にはまだ新しい室町通りの大経師の女房おさんが、手代茂右衛門と不義をして、粟田口に刑死するまでの、のろわれた命がけの恋の狂言」である。彼は人妻と恋をしたことがこれまでにない。「籐十郎は、生まれながらの色好みじゃが、まだ人の女房と念ごろした覚えはござらぬ」のだ。したがって、茂右衛門をどのように演じるのか、彼は「自分自身の肝脳(あたま、ルビ)をしぼるよりほかには、くふうの仕方もなかったのである。」
 酒に酔った籐十郎は「知らず知らず静寂な場所を求めて、勝手を知った宗清の部屋部屋を通り抜けながら、奥の離れ座敷」に向かうのだ。そこで「寝そべっ」ていると、偶々「宗清の主人宗山清兵衛の女房お梶が」やってきた。「お梶は、もう四十に近かったが、宮川町の歌妓(うたひめ、ルビ)として、若いころに嬌名をうたわれた面影が、そっくりと白い細面の顔に、ありありと残っている」のだ。まずい。
 で、どうなるのかは是非『籐十郎の恋』を読んでからのお楽しみにして貰いたい。たしか、この作品は映画になっている。わたしが監督するなら、どう撮るかと考えていると、朝飯の用意ができたと妻に呼ばれてしまい、思考は妨げられたのである。妖しい気分はとうぶんの間、抜けそうもない。
[PR]
# by hiroto_yokoyama | 2010-05-21 09:18 | ブログ