猫の死にめげず『霧の旗』を満喫

 山田洋次監督『霧の旗』のビデオを図書館から借りた。若いときに見ているが脚本が橋本忍なので見直すことにした。ついでに原作を読んでみようと思い立った。松本清張全集を手にしたらなんと解説が橋本氏。じゃやっぱり読んでから見ようと決めた。
 原作を読み終わり橋本氏の解説に目を通す。ヒロイン・桐子について興味深いことが書いてあった。
 それでは橋本氏はどのように脚色しているだろうか。じっくり研究してみようとシナリオを書棚から引っぱり出す。半分読んだら映画をどうしても先に見てみたくなりビデオにかじりつく。むかし劇場で見たときより後味がよかった。読みかけのシナリオを眠い目をこすりながら昨晩読了。
 すぐ前の記事には「悲嘆に暮れている」などと書いたがホントのことを言えば猫の死の悲しみなど『霧の旗』のせいでどこかへ飛んでいってしまっているのだ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2007-08-02 14:18 | 映画
<< 久しぶりに自慢話をします おとつい我が家の猫が死んだ >>