アメリカ映画『終身犯』を見て感動した

 死刑廃止論が高じて日本にも終身刑ができそうだというニュースを聞いた。審議会での議論なので終身刑は死刑とは違った意味で残酷だなどの声もあるらしいから法律ができるかどうかは分からない。
 ふと立ち寄ったさびれた商業施設の催事場でジョン・フランケンハイマー監督の『影なき狙撃者』と『終身犯』のDVDを見つけた。製作年度で言えば前者の方から見るのがいいだろうが鳥の研究を独房のなかでつづけたバート・ランカスター演じる実在した終身犯に以前から興味があったので今朝オープンを待って中古のDVDを購入した。149分とパッケージに書いてあり小分けしながら見ようと見始めるととまらなくなって最後まで見終わった。
 フランケンハイマー監督はこの映画を撮った頃まだ30代ではなかったのか。堂々と落ち着いた画面を食い入るように見ながら、これこそ映画だと楽しんだのでした。
 長男と二男そして妻にも強制的に見せなければならない。みなさんも是非見てください。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-01-13 23:22 | 映画
<< 新潮日本語漢字辞典を知っていますか 小田島雄志『シェイクスピアに学... >>