工藤栄一監督『十三人の刺客』は何度見てもおもしろい

 近所のレンタルビデオ屋にはレンタル落ち(放出品)に掘り出し物がある。もうずいぶん前にわずか100円で購入したこの映画、きのうから味わいながら2日がかりで見終わった。
 製作年度は昭和38年。わたしが高校に入った年。学校の勉強についていくのがやっとで映画を見る余裕がないときだった。この作品も見落としていた。映画監督をこころざして上京後いつ、どこで見たのか思い出せない。レンタルだった古いVHSだが二男の本棚に残しておこう。
 これも映画ファンなら必見ですよ。
[PR]
by hiroto_yokoyama | 2008-03-02 10:57 | 映画
<< 長谷川伸全集第5巻を読了 雷蔵の映画3本 >>